ヤマトHLDの木川新社長(内定)が中・長期計画を発表。「『域内当日配達』が当たり前の世界にしたい」

ヤマトHLDの木川新社長(内定)が中・長期計画を発表。「『域内当日配達』が当たり前の世界にしたい」

ヤマトホールディングスは新中期経営計画を策定、1月31日にアナリスト・記者向けの説明会を開催した。瀬戸薫社長も同席したが、4月1日付で社長に就任を予定している木川眞取締役(子会社のヤマト運輸社長)がプレゼンターを務めた。旧富士銀行出身の木川氏は、同社にとって初の非プロパー社長となる。

4月から始まる新中計は、9年間にわたる長期計画の最初の3年間として位置付けられている。最終年度の2019年度(20年3月期)は創業100周年に当たる。

ヤマトHDの会社設立は1929年だが、創業は小倉八三郎氏(故人)が当時の東京市京橋区木挽町に創立した1919年11月29日だ。ちなみに八三郎氏は1889年11月29日に同市同区の元数寄屋町で生まれたことから、2019年は創業者生誕130年にも当たる。

新長計の名称は「DAN−TOTSU経営計画2019」。「翌日配達」を武器に宅急便を伸ばした1980年代の計3回の中計「ダントツ3か年」「新ダントツ3か年」「ダントツ3か年計画パート3」にちなんだ。あえてアルファベット表記にしたのは、アジアに本格展開し始めたためで、「ヤマト(グループ内)では“DAN−TOTSU”を世界共通語にしたい」(木川氏)という思いからだ。

木川氏は、「『域内当日配達』が当たり前の世界を作りたい」と言う。特定地域を設定し、域内では当日配達を実現する「域内当日配達」はモデル地域を設定しすでに実験を開始している。「域内当日配達」の実現は、買い物弱者の支援だが、当然、高齢化対応の意味合いもある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT