ドコモ、「パズドラパクリ疑惑」の先に描く夢

ケータイの巨人がゲームに本腰を入れ始めた

現在はトライアル段階と位置づけているため、目立った販促は実施していない。ただ、今後はドコモショップと連携し、来店客が待ち時間に端末で遊べるようにしたり、販売するスマホやタブレット端末にあらかじめアプリをインストールする方法も考えられる。メールや各種SNSの公式アカウントを通じた情報発信も活発化しそうだ。

このように、優れたタイトルがあれば、力技でヒットに結びつけるツールを備えているのは、6000万人超のユーザーを抱える携帯電話会社ならではの強みといえる。今年度中にはRPG(ロールプレイングゲーム)や育成系のゲームも配信する予定。注力するジャンルなどは特に決めておらず、全方位で勝負する構えだ。

渡辺氏は今後の戦略について「基本的には全張り。どのジャンルにおいても、打席に立たなければどんな作品がヒットするかわからない。現在は数名だが、採用を進めて人材も増やしている。最終的にはアジアや米国など、グローバル規模でやっていきたい」と意気込む。

河野氏も気合い十分だ。「先進的なユーザーだけでなく、一般ユーザーに遊んでもらえるようなゲームを提供していく。ランキング100位以内ではまったく満足できない。是が非でも、もう一段階上の大ヒットを狙っていきたい」。

ヒットのカギは独自性

独自性をどう打ち出すか、ドコモの“素人力”が試される

ドコモの2015年3月期は、音声定額を含む新料金プラン導入による影響などで、営業利益は6300億円と前期比23.1%の大幅減となる見通し。

また、通信以外の新分野で2016年3月期に売上高1兆円を目指す計画も掲げており、ネイティブゲームにおいても大ヒットが求められている状況だ。

「引っ張る」操作で大ヒットとなったモンスターストライクのように、独自のアイデアを継続的に配信できるかどうかが、大ヒットを生み出すカギになる。第1弾のマジカルフリックは「まるでパズドラ」と揶揄されたが、自ら課題とする斬新性、新規性をさらにアピールできるか。ドコモの“素人力”が試されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT