ドコモ、「パズドラパクリ疑惑」の先に描く夢

ケータイの巨人がゲームに本腰を入れ始めた

その後、ミクシィにモバイル担当者として移り、コロプラではゲームのプロジェクトマネジャーを務めた経験を持つ。ネイティブゲーム展開に当たって、うってつけの人材ということで2013年11月にドコモに再び入社している。

ドコモは自社開発ではなく、多くのパートナーと連携することで、複数タイトルを同時に開発し、短期間で投入する方法を採った。これは「既存のヒット作と同じゲーム性のものでは、同規模のユーザーを獲得できない。斬新性、新規性のあるゲームをスピーディに生み出ていく必要がある」(河野氏)と考えているからだ。

プロジェクト開始1年足らずで複数のタイトルを配信できたのは、こうした連携によるところが大きい。「以前のiモードの時のように、互いにメリットのある形で協業していきたい」(河野氏)。

強みはゲーム会社にない"素人力"

画像を拡大
クレーン&モンスターズは、クレーンでモンスターをつかみ、敵モンスターにぶつけて戦う

後発のドコモが他社にない強みととらえているのが、既存のゲーム会社にない発想だ。

マジカルフリックは、プレイ画面や敵キャラクターなどがパズドラと酷似し、渡辺氏も「似すぎてしまった」と話すほどだが、ドロップを一筆書きのように動かしてそろえてコンボ(連鎖)を狙うパズドラに対し、マジカルフリックは上下左右にフリック(素早く動かす)し、ドロップを重ねて攻撃につなげる新しい仕組みを盛り込んだ。

クレーン&モンスターズも「クレーンゲームで戦うなんて、大手はまずチャレンジしないアイデア」と渡辺氏は語る。初心者ユーザー向けに展開してきたノウハウが役立った面もあった。

実際、マジカルフリックはグーグルのアプリマーケット「グーグルプレイ」のランキングで100位以内にランクインするなど、まずまずの滑り出しとなった。提供元がドコモということで、ユーザーの注目度も必然的に高まる。開発会社にとってもメリットがあるようだ。

次ページ今後の展望と課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT