「性格悪いと受験落ちる」2浪東大生が断言する訳 いくら勉強をしても成績が上がらない根本原因

印刷
A
A
性格と成績の関係について解説します(漫画:©︎三田紀房/コルク)
記憶力や論理的思考力・説明力や抽象的な思考能力など、「頭がよい」といわれる人の特徴になるような能力というのは、先天的に決められている部分があり、後天的に獲得している能力は少ないと考える人が多いのではないでしょうか。
その考えを否定するのが、偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏です。漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当で、MBS/TBS系『100%!アピールちゃん』でタレントの小倉優子さんに大学受験の指導もする西岡氏は、小学校、中学校では成績が振るわず、高校入学時には東大に合格するなんて誰も思っていなかったような人が、一念発起して勉強し、偏差値を一気に上げて合格するという「リアルドラゴン桜」な実例を集めて全国いろんな学校に教育実践を行う会社「カルペ・ディエム」を作っています。
そこで集まった知見を基に、後天的に身につけられる「東大に合格できるくらい頭をよくするテクニック」を伝授するこの連載。第8回は「成績と性格」について、西岡氏が解説します。

東大合格までの一番の壁は「性格」だった

「性格が悪い奴は東大に落ちる」

こう言ったら、みなさんはどう思うでしょうか。おそらくたいていの人は「いやいや、何を言ってるんだ」と思うでしょう。「性格と成績にはなんの相関関係もないだろう」と。

しかし、この「性格」というのが、僕が偏差値35から2浪して東大に合格しようと思ったときに感じた一番の壁だったのです。それを完全に改善できたとは思っていませんが、少しだけでも変えることができたから、東大に合格できたのだと思っています。ということで、今日は性格と成績の関係性についてお話ししたいと思います。

『ドラゴン桜2』には「藤井くん」というキャラがいます。彼は、成績がある程度よく、他人を馬鹿にするなど、自分のことを謙虚に見ることができません。そんな彼はあるとき、桜木先生からこんなことを言われます。

(漫画:©︎三田紀房/コルク)
次ページ藤井は何と答えた?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT