「性格悪いと受験落ちる」2浪東大生が断言する訳 いくら勉強をしても成績が上がらない根本原因

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

怖いことかもしれないけれど謙虚になって、自分の弱点と向き合わなければならないということです。

確かに僕は、先生から指摘される前、自分ができていないところや自分の弱点を見ないようにして、「これができるからなんとかなるだろう」「今回は駄目だったけど、どうせこれは運が悪かっただけだ」なんて言い訳をして自分の弱点と向き合うことから逃げていました。

そんなことをしていたから、僕は先生から「もっと謙虚になれ」と言われ、そして2浪することになってしまったのです。

自分の実力がわかるツールをうまく活用する

必要なのは、積極的に自分のことを知ろうとすることです。自分がどういう長所と短所があるのかをしっかり把握する必要があります。各種予備校の用意している模試や英検や漢検・TOEICなどの検定試験など、自分の学力を知るためのツールはたくさんあります。

また、最近では性格診断ができるツールもたくさん存在しています。書籍『ストレングスファインダー』では自分の強みを理解することができますし、またドラゴン桜はFFS (Five Factors & Stress)診断とコラボして、無料で自分の性格を知って勉強に生かすことができる仕組みを作っています。

今や、自分の実力を知るためのツールは無数と言っていいほどに存在しているのです。あとは、そういうツールを生かして、自分の弱さとしっかりと向き合うことです。僕のように「お前は謙虚じゃない」と言われることのないように、しっかり自分を知っていただければと思います。

(この連載の過去の記事はこちらからご覧ください)

西岡 壱誠 現役東大生・ドラゴン桜2編集担当

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

にしおか いっせい / Issei Nishioka

1996年生まれ。偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。崖っぷちの状況で開発した「独学術」で偏差値70、東大模試で全国4位になり、東大合格を果たす。

そのノウハウを全国の学生や学校の教師たちに伝えるため、2020年に株式会社カルペ・ディエムを設立。全国の高校で高校生に思考法・勉強法を教えているほか、教師には指導法のコンサルティングを行っている。また、YouTubeチャンネル「スマホ学園」を運営、約1万人の登録者に勉強の楽しさを伝えている。

著書『東大読書』『東大作文』『東大思考』『東大独学』(いずれも東洋経済新報社)はシリーズ累計40万部のベストセラーになった。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT