「性格悪いと受験落ちる」2浪東大生が断言する訳 いくら勉強をしても成績が上がらない根本原因

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

何を隠そう、この藤井くんというキャラは、僕がモデルです。僕が漫画家の三田紀房先生に「僕が受験で落ちたのは性格が悪かったからです」というプレゼンをして作っていただいたキャラクターです。

実は僕は、受験生時代に成績が上がり調子になったとき、学校の先生から「お前は今のままだったら謙虚じゃないから落ちるぞ」と言われました。

そして僕はその言葉に対して強く反発して、先生に対して怒ったことを今でもよく覚えています。まあ、その言葉に怒っている時点で謙虚じゃないことの証拠と言えるのですが……。

成績を上げるには「自分の弱点」と向き合う必要がある

その言葉に対する反発から、その後僕は前にもまして、よりいっそうむしゃらに勉強したのですが、その後全然成績は上がらなくなってしまい、僕は2浪することになりました。

そして気づいたことは、「自分の弱さから逃げていたのかもしれない」ということでした。勉強とは、一言で言えば「自分ができないところをできるようになる」ための行為です。そして成績を上げるためには、自分のできていないところ、自分の弱点としっかりと向き合う必要があるのです。

ドラゴン桜2で、桜木先生はこんなふうに言っています。

(漫画:©︎三田紀房/コルク)
次ページ「何とかなる」「運が悪かった」と逃げていた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT