「母になったことを後悔」は精神疾患の兆候なのか 子を愛しているが、「母子」を超えた関係求める

印刷
A
A
「母になったことを後悔している」と口にするのはタブーとされてきた(写真:プラナ/PIXTA)

今年2月に厚生労働省が発表した「2021年に生まれた子供の数」は前年比3.4%減、過去最少の約84万人でした。

近年、出生数が減少していることを受け、日本では「どうしたら女性が子供を持つことに前向きになれるのか」ということがよく話題になっています。その一方で「子供を産み、育てたけれど、母親になったことを後悔している女性」のことが話題になることはあまりありません。

日本でも海外でも、子供のいない女性が「子供を持たなかったことを後悔している」と発言することは社会的に許されています。しかし、その逆である「子供を産んで育てたけれど、母親になったことを後悔している」と発言することはタブーだとされてきたからです。

現実に母になったことを後悔している女性はいる

しかし、そのように考える女性が非難の対象となっても、「母になったことを後悔している」と考える女性が存在しないわけではありません。

そんなタブーに踏み込んだのがイスラエル人の社会学者のオルナ・ドーナト氏です。彼女は著書『母親になって後悔してる』(新潮社、著者:オルナ・ドーナト、訳:鹿田昌美)の中で、「今の知識と経験を踏まえて、過去に戻ることができるとしたら、それでも母になりますか?」という質問にノーと答えた23人の女性のインタビューを取り上げています。

欧米では 「#regrettingmotherhood」というハッシュタグのもと、多くの人がSNSで「母になったことの後悔」について議論を交わしています。

なぜ「世間が期待する母親」と「母親自身が捉える現実」の間にはギャップがあるのでしょうか。

次ページ母になったのは本当に自らの意思だったのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT