1.6Lで304馬力「GRカローラ」が背負う重大使命 先発の「GRヤリス」とは似て非なる開発の狙い

印刷
A
A
1.6Lターボ+6速MT+4WDのパッケージで登場した「GRカローラ」(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(41枚)

トヨタは、アメリカで新型モデルとなる「GRカローラ」をワールドプレミア(世界初披露)した。発表したのは、カリフォルニア州ロングビーチで行われる「フォーミュラドリフト」開幕戦前日の現地時間3月31日(現地時間)だ。

「フォーミュラドリフト」は、市販車ベースの競技車で行われるドリフトのシリーズ戦で、トヨタはその2022年シーズンに、今回発表したGRカローラ(1台)をはじめ、「GR86」(2台)、「GRスープラ」(1台)の合計4台で参戦する。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

GRカローラのワールドプレミアは、アメリカ市場においてモータースポーツファンが注目するタイミングを狙って行われたのだ。では、GRカローラとはどんなクルマなのだろうか。

カローラスポーツ+GRヤリス=GRカローラ?

「GR」は、トヨタの言葉をそのまま引用すれば「TOYOTA GAZOO Racing が極限で培った技術と情熱を惜しみなく注ぐスポーツカーブランド」である。つまり、GRカローラは「カローラ」のスポーツモデルだ。

より具体的にいえば、ハッチバックモデルの「カローラスポーツ」に「GRヤリス」のエンジンと4WDシステムを搭載したクルマである。

見るからにただ者ではないGRカローラのボディは、フロントのフェンダーを片側20mm、リヤフェンダーを片側30mm拡大。前輪の後ろには大きな空気抜けのダクトが設けられ、後輪はブリスター形状のオーバーフェンダーが装着されている。

今回、発表されたのは北米仕様のため公開されたのは左ハンドル車だ(写真:トヨタ自動車)

トレッドは前輪で60mm、後輪で85mmも拡大され、ボディサイズは全長4410mm×全幅1850mm×全高1480mmとなった。ベースのカローラスポーツに対して全長がプラス35mm、全幅がプラス60mm、全高がプラス20mmのサイズアップとなる。

ちなみに、ホイールベースはカローラスポーツと同じ2640mm。ボディ全長に対して長めのホイールベースによる走行安定性を土台に、ワイドトレッド化による高速旋回性能向上を積み上げた格好だ。

パワフルなエンジンを搭載することは、その外観からもうかがえる。ボンネットには、大きな2つのダクトが設けられ、リヤバンパー下には3つの排気口がクルマの中央と左右に顔を見せる。3つの排気口は、エンジンが3気筒であることの主張だ。

次ページ1.6リッター304馬力を6速MTで操る
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT