「ロゴラマ」は企業メッセージに対する答えだ

プロデューサーのユーゴ・アラール氏に聞く

アニメーションやデジタルコンテンツ関連企業の育成などに力を入れるフランス。昨年の米アカデミー賞では同国のポストプロダクション、ミクロス・イマージュ社が制作した「ロゴラマ」が短編アニメ賞を受賞した。同社のユーゴ・アラール プロデューサーに話を聞いた。

――「ロゴラマ」には約3000の企業の「ロゴ」が使われています。

会社からのクレームなどは一切ありませんでした。「満足だった」という声や、「なぜウチの会社のロゴが使われていないんだ」といった意見はありま

どのように解釈し、どう答えるかは自由

――無断でロゴを使うのは問題ないのですか?

それはケースバイケースでしょう。「ロゴラマ」は3人の監督によって作られたアーティスティックな作品です。アーティストにはいろいろなことを自由に解釈するという権利があると思います。「ブランド」は、メディアを介して絶えずメッセージを発信しています。「ロゴラマ」はそれに対する回答。どのように解釈し、どう答えるかは自由なのです。それぞれのブランドはコマーシャルですが、それらのブランドを素材として使い、アートとして作り上げたというわけです。

――ミクロスでは何人が「ロゴラマ」の制作に携わったのですか?

最初は4人でしたが、最終的には20人程度がかかわりました。制作に携わった期間は4年です。

ミクロスという会社はポストプロダクション。特撮を得意としています。「ロゴラマ」の制作にあたっては予算がゼロ。ミクロスでなければこんなフィルムは作らなかったかもしれません。スタッフの通う学校などとコンタクトをとって企業研修という形を取り、給与などの支払いの一部を賄いました。

次ページすべての過程にタッチした
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT