電通とリクルート 山本直人著

電通とリクルート 山本直人著

新聞やテレビなどのマスメディアを通じた広告でさまざまなものを売ってきた電通。片や、就職や住宅、結婚など人々の暮らしに密着した情報を独自に編集することで活路を開いてきたリクルート。

本書は、似て非なるこの二つの広告代理店が、いかに時代をリードし、人々に夢を与えることで消費社会を牽引してきたかを分析している。

情報ビジネスは、企業の持つ情報に付加価値を与えることで成立してきた。ところが今、インターネット時代になり、その様相が変わりつつある。こうした時代に広告が発するメッセージはどんな意味を持つのか。元博報堂の広告マンが、情報産業の2大巨頭を通じて、人々の心のありようをとらえた。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT