電通とリクルート 山本直人著

電通とリクルート 山本直人著

新聞やテレビなどのマスメディアを通じた広告でさまざまなものを売ってきた電通。片や、就職や住宅、結婚など人々の暮らしに密着した情報を独自に編集することで活路を開いてきたリクルート。

本書は、似て非なるこの二つの広告代理店が、いかに時代をリードし、人々に夢を与えることで消費社会を牽引してきたかを分析している。

情報ビジネスは、企業の持つ情報に付加価値を与えることで成立してきた。ところが今、インターネット時代になり、その様相が変わりつつある。こうした時代に広告が発するメッセージはどんな意味を持つのか。元博報堂の広告マンが、情報産業の2大巨頭を通じて、人々の心のありようをとらえた。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。