ソーシャルリーディングで広がる読書体験

今、読んでいる本の特定の文章に、ほかの読者がどういう感想を持ったかを知りたい。この文章の意味がわからないから著者に直接聞いてみたい--。こうしたことが可能になる「ソーシャルリーディング」への注目が高まっている。

ソーシャルリーディングとは、主にインターネットを使った「読書体験の共有」のこと。小難しく響くが、要は本の感想を誰かと語り合うことだ。昔からの本の楽しみの一つではあったが、インターネットによって、遠く離れた顔も知らない大勢との「共有」が可能になった。

「2ちゃんねる」などの掲示板上での本についての語らいや、ブログやアマゾンの書評も、広い意味でのソーシャルリーディングといえる。

専用サービスも生まれている。国内で33万人の利用者を持つ「ブクログ」(paperboy&co.が運営)では、自分の書籍リストを作って感想を書き込んだり、ほかの読者と感想を共有することができる。

ソーシャルリーディングによって何が生まれるのかは、まだ定かではない。それでも、アマゾンの書評の内容や「星」の数は、すでに本の購買行動に影響を与えている。極めて個人的な行為である「読書」のやり方が変わる可能性がある。

電子書籍時代の読書はリアルタイムで共有

2010年に次々と登場した電子書籍によって、ソーシャルリーディングは新しい段階に入った。読書をしながら、リアルタイムでほかの読者とつながるようになるからだ。

「読書はこれから双方向のメディアになるだろう」と予言するのはスピニングワークスの白形洋一社長。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT