ソーシャルリーディングで広がる読書体験


同社の提供している「Qlippy(クリッピー)」は、電子書籍端末上で気になった文章をスクラップしたり、コメントをつけたりするサービスである。ブクログと違って、ほかの読者のコメントがリアルタイムで自分の電子書籍端末に反映される。

電子書籍端末で読書をしながら、ほかの読者のコメントを読むことができる。これにより、紙の本の読書とは違う新しい理解が得られるかもしれない。作者がこのサービスを使っていれば、作者本人の解説を横に見ながらの読書も可能になる。

現状、クリッピーは英語版のみで対応端末もアイパッドしかないため、今後拡大していく方針だ。さらに「企業や研究室向けにカスタマイズしたサービスを提供していきたい」と白形社長は意欲を見せる。

会議前に資料を読んでコメントを残すことで、会議時間の短縮や議論の活発化が期待できる。論文に教授や先輩がコメントを書き込めば、研究の効率が向上するはずだ。

もともと白形社長は出版業とは無縁のシステム開発出身。それだけに「電子書籍が紙媒体に取って代わるだけではダメ。どんな風に使ったら便利で面白いか、電子書籍ならではの使い方をユーザー目線で考えている」と、出版の常識にとらわれないサービスの開発を目指している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?