香港1兆円ファンド、日本ベンチャーに注ぐ熱視線 勢力広げる「クロスオーバー投資家」の頭の中

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

大化けする「すごいベンチャー」はどこだ。毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載する。

香港に本社を置く投資ファンド、タイボーン・キャピタル・マネジメントで日本株投資責任者を務める持田昌幸氏(提供:タイボーン・キャピタル・マネジメント)

特集「すごいベンチャー100 2021年版」の他の記事を読む

ベンチャー企業の資金調達が大型化の一途をたどっている。調査会社INITIALによれば、2020年の1社当たりの資金調達額は約3.3億円。この5年で2倍以上に増えた。
とりわけ目立つのが、レイターステージ(株式上場が視野に入った成熟期)のベンチャーによる大型調達だ。人事労務クラウドのSmartHR(スマートHR)は2021年6月に156億円もの調達を発表、今年の資金調達額でトップに躍り出た。さらに後払い決済サービスのPaidy(ペイディ)は2021年3月に131億円の調達を発表している。
この2社に共通するのは、海外の「クロスオーバー投資家」と呼ばれる、上場企業と未上場企業の両方に投資するファンドが資金の出し手になっていることだ。近年はこうしたファンドが有望な企業との関係を早期に深めるべく、未上場ベンチャーに投資する動きが活発になっている。
ベンチャー側にも、こうした投資家に頼りたい事情がある。売上高の拡大を優先し先行的に人件費や宣伝費をつぎ込むと、創業から一定期間の赤字を余儀なくされる場合が多い。上場後の株価を安定させるためには、短期の利益を求める個人投資家より中長期の成長を重視する投資家に伴走してもらいたい――。それを見越して、上場前から投資を受けようとするベンチャーが増えている。
海外のクロスオーバー投資家は今、日本のベンチャー市場をどう見ているのか。香港に本社を置く投資ファンド、タイボーン・キャピタル・マネジメントで日本株投資責任者を務める持田昌幸氏に話を聞いた。

上場の数年前から20億~100億円規模を投資

――海外では上場、未上場の両方に投資するファンドが増えています。

タイボーンはもともとアジアやアメリカを中心に世界中の上場株に投資しており、運用総額は1兆円弱。香港に本社を置き、サンフランシスコ、ロンドン、シンガポール、そして東京に拠点がある。

投資チームは10人強。私は唯一の日本人で日本株と韓国株を見ている。投資先の数を絞っているため、ビジネスモデルや事業の進捗をしっかり調べ、(取引先など)ステークホルダーにもインタビューしながら投資を決めている。保有期間は5~10年と長い。

次ページ日本の未上場のマーケット
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2021年版
急成長SmartHR、上場SaaSに劣らぬ「稼ぐ力」
約150億円を調達、評価額は1700億円に急上昇
再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕
日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ
受験塾が様変わり!AI教材「アタマプラス」の猛進
教育ベンチャーとして資金調達額が最大規模に
ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力
大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み
躍進アンドパッド、幹部に「銀河系軍団」の思惑
各界のスターが経営参画、業容拡大へアクセル
敏腕ベンチャー投資家が語る「金の卵」発掘の極意
皆が群がる案件の「逆を行く」ことのメリット
香港1兆円ファンド、日本ベンチャーに注ぐ熱視線
勢力広げる「クロスオーバー投資家」の頭の中
日本の「インフラ問題」に挑むドローン企業の野望
22億円調達し攻勢、業務内容ごとのアプリで差別化
味の素も惚れた「植物肉ベンチャー」の差別化技術
メーカーや商社と続々提携、後発で躍進の理由
遠隔操作ロボの先駆者が描く「未来すぎる働き方」
コンビニの品出しを海外から!大手と次々提携
未上場株投資FUNDINNO、地銀や証券が注目の理由
ベンチャーの資金調達手段に新機軸打ち立てる
敏腕営業マン起業家が作った「魔法のSaaS」の正体
Google、freeeで証明した百戦錬磨の知見が満載
「誰でも動画時代」を確信したベンチャーの大転換
既存事業を縮小し「動画自動生成」に大胆注力
大不況の旅行業界で再び勝負「連続起業家」の決意
創業3カ月で異例の22億円調達、篠塚孝哉氏の勝算
厳選!すごいベンチャー100社リスト2021年最新版
業界担当記者が総力取材、金の卵を探せ!
24歳で90億円調達、タイミー社長の「挫折と再生」
海外投資家も熱視線、隙間バイトアプリの猛攻
投資マネー殺到!スマートニュース「米国躍進」の裏側
企業評価額は2100億円超え、きっかけは米大統領選
元DeNA社長が「ベンチャー移籍」決めた端的な理由
24歳タイミー社長のオファー受けた48歳の覚悟
孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心
「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す
SaaS戦国時代、後発ベンチャー「巨額調達」で追撃
中堅人材会社から独立したジンジャーの勝算
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内