孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心 「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す

印刷
A
A

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが日本のベンチャーに初めて投資した。そのアキュリスファーマとはどんな会社か。創業社長を直撃した。

スイスの製薬大手・ノバルティス日本法人の社長を4年弱務めた後、自ら起業に踏み切った綱場氏。そのきっかけは?(撮影:尾形文繁)

特集「すごいベンチャー100 2021年版」の他の記事を読む

巨大ファンドが狙いを定めたのはどんな企業なのか――。ソフトバンクグループ傘下で14兆円もの巨額資金を運用する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」が、日本のベンチャー企業に初めて投資した。
投資先はバイオベンチャーのアキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)。2021年1月に設立されたばかりだが、事業の初期段階である「シリーズA」の資金調達で、6社の投資家からいきなり総額68億円を集めた。今回の投資はSVFの2号ファンドが主導し、SVFの投資ディレクターがアキュリスファーマの社外取締役に就いている。
アキュリスは、スイスの製薬大手・ノバルティス日本法人の前社長である綱場一成氏が創業。フランスの製薬会社から、欧米での製造販売が承認されている睡眠障害の治療薬「ピトリサント」の日本での開発販売権を取得した。
今回、東洋経済は綱場社長を直撃。会社設立の背景やアキュリスのビジネスモデル、SVFからの出資の経緯について聞いた。

外資大手に感じた「限界」

──起業の背景は?

昨年10月末に、2017年から務めていたノバルティスファーマの社長を退任して起業した。投資家の皆さんからも「4年弱社長を務めてきて、なぜ今起業するのか」とよく聞かれた。

医薬品の研究開発や販売にはやりがいがあったが、同時に、日本の社会課題に真っ向から取り組みたいという思いもあった。外資企業の日本法人社長だと、海外で決めるグローバル戦略が降りてきて、それに原則従わなければならない。日本の社会課題にがっぷり四つで組みに行くのは難しい。

そんな中、ベンチャーキャピタルのキャタリスパシフィックと出合った。私は医薬品ビジネスの専門家ではあるが、資金調達の面では素人。アキュリスを立ち上げるにあたり、私は組織作りと実際にビジネスをどう動かすかの部分を担い、キャタリスがお金の部分を全面的に担う形で共同創業に至った。

──海外ですでに販売されている睡眠障害薬「ピトリサント」の開発販売権をフランスの医薬品メーカーから取得しました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2021年版
急成長SmartHR、上場SaaSに劣らぬ「稼ぐ力」
約150億円を調達、評価額は1700億円に急上昇
再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕
日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ
受験塾が様変わり!AI教材「アタマプラス」の猛進
教育ベンチャーとして資金調達額が最大規模に
ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力
大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み
躍進アンドパッド、幹部に「銀河系軍団」の思惑
各界のスターが経営参画、業容拡大へアクセル
敏腕ベンチャー投資家が語る「金の卵」発掘の極意
皆が群がる案件の「逆を行く」ことのメリット
香港1兆円ファンド、日本ベンチャーに注ぐ熱視線
勢力広げる「クロスオーバー投資家」の頭の中
日本の「インフラ問題」に挑むドローン企業の野望
22億円調達し攻勢、業務内容ごとのアプリで差別化
味の素も惚れた「植物肉ベンチャー」の差別化技術
メーカーや商社と続々提携、後発で躍進の理由
遠隔操作ロボの先駆者が描く「未来すぎる働き方」
コンビニの品出しを海外から!大手と次々提携
未上場株投資FUNDINNO、地銀や証券が注目の理由
ベンチャーの資金調達手段に新機軸打ち立てる
敏腕営業マン起業家が作った「魔法のSaaS」の正体
Google、freeeで証明した百戦錬磨の知見が満載
「誰でも動画時代」を確信したベンチャーの大転換
既存事業を縮小し「動画自動生成」に大胆注力
大不況の旅行業界で再び勝負「連続起業家」の決意
創業3カ月で異例の22億円調達、篠塚孝哉氏の勝算
厳選!すごいベンチャー100社リスト2021年最新版
業界担当記者が総力取材、金の卵を探せ!
24歳で90億円調達、タイミー社長の「挫折と再生」
海外投資家も熱視線、隙間バイトアプリの猛攻
投資マネー殺到!スマートニュース「米国躍進」の裏側
企業評価額は2100億円超え、きっかけは米大統領選
元DeNA社長が「ベンチャー移籍」決めた端的な理由
24歳タイミー社長のオファー受けた48歳の覚悟
孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心
「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す
SaaS戦国時代、後発ベンチャー「巨額調達」で追撃
中堅人材会社から独立したジンジャーの勝算
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内