ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力 大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み

印刷
A
A

大化けする「すごいベンチャー」はどこだ。毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載する。

Wovn Technologiesの多言語化サービスを使えば、ウェブサイトやアプリの多言語対応を簡単にできるようになる(提供:Wovn Technologies)

特集「すごいベンチャー100 2021年版」の他の記事を読む

日本企業のウェブサイトでも、今や日本語を話す日本人だけが読むとは限らない。企業の公式サイトやネット通販(EC)、旅行などの予約サイトからSaaS(Software as a Service)などの法人向けサービスまで、ユーザーは世界中にいる。サイトに限らず、スマートフォンアプリも同様だ。

ウェブサイトやアプリの多言語対応は多くの企業の課題だ。多言語化すれば各言語の検索結果にも表示されるため、ネット上での集客を増やせる。「グーグル翻訳を使えばいいんじゃないか」という声も聞こえてくるが、画面のデザインが崩れたり、正確な翻訳でなかったりすることも少なくない。

そんなサイトやアプリの多言語化作業を効率化するサービスを展開するベンチャーが、Wovn Technologies(ウォーブン・テクノロジーズ)だ。過去、『週刊東洋経済』2020年8月22日号「すごいベンチャー100 2020年版」でも紹介している同社が、7月28日、国内外の投資家からの約36億円という大型資金調達を発表した。

強みは「痒いところに手が届く」技術群

ウェブサイトに同社の提供する専用タグを埋め込むと、システムがサイト内を回遊し、登場単語集を自動で作成。機械翻訳や人による作業で対訳を作る。一度対訳が保存されると、サイト内の文脈に合った翻訳スタイルがどんどん学習されていく。

ECサイトのように日々商品ページが追加されても、日本語の元ページを更新すればその箇所を自動で検知し、すぐ翻訳対応をできるようにしている。単なる翻訳だけでなく、言語別に画像やリンク、デザインなども簡単に変えられるようなツールも提供する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2021年版
急成長SmartHR、上場SaaSに劣らぬ「稼ぐ力」
約150億円を調達、評価額は1700億円に急上昇
再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕
日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ
受験塾が様変わり!AI教材「アタマプラス」の猛進
教育ベンチャーとして資金調達額が最大規模に
ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力
大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み
躍進アンドパッド、幹部に「銀河系軍団」の思惑
各界のスターが経営参画、業容拡大へアクセル
敏腕ベンチャー投資家が語る「金の卵」発掘の極意
皆が群がる案件の「逆を行く」ことのメリット
香港1兆円ファンド、日本ベンチャーに注ぐ熱視線
勢力広げる「クロスオーバー投資家」の頭の中
日本の「インフラ問題」に挑むドローン企業の野望
22億円調達し攻勢、業務内容ごとのアプリで差別化
味の素も惚れた「植物肉ベンチャー」の差別化技術
メーカーや商社と続々提携、後発で躍進の理由
遠隔操作ロボの先駆者が描く「未来すぎる働き方」
コンビニの品出しを海外から!大手と次々提携
未上場株投資FUNDINNO、地銀や証券が注目の理由
ベンチャーの資金調達手段に新機軸打ち立てる
敏腕営業マン起業家が作った「魔法のSaaS」の正体
Google、freeeで証明した百戦錬磨の知見が満載
「誰でも動画時代」を確信したベンチャーの大転換
既存事業を縮小し「動画自動生成」に大胆注力
大不況の旅行業界で再び勝負「連続起業家」の決意
創業3カ月で異例の22億円調達、篠塚孝哉氏の勝算
厳選!すごいベンチャー100社リスト2021年最新版
業界担当記者が総力取材、金の卵を探せ!
24歳で90億円調達、タイミー社長の「挫折と再生」
海外投資家も熱視線、隙間バイトアプリの猛攻
投資マネー殺到!スマートニュース「米国躍進」の裏側
企業評価額は2100億円超え、きっかけは米大統領選
元DeNA社長が「ベンチャー移籍」決めた端的な理由
24歳タイミー社長のオファー受けた48歳の覚悟
孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心
「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す
SaaS戦国時代、後発ベンチャー「巨額調達」で追撃
中堅人材会社から独立したジンジャーの勝算
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内