再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕 日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ

印刷
A
A

大化けする「すごいベンチャー」はどこだ。毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載する。

心筋細胞が1000個凝集した心筋球。注射器のようなデバイスで投与する。右は福田恵一社長(提供:ハートシード)

特集「すごいベンチャー100 2021年版」の他の記事を読む

「リ・マスキュラリゼーション」――。「再筋肉化」の意味を持つ、慶応大学医学部循環器内科の福田恵一教授の研究開発コンセプトだ。福田氏はiPS細胞による重症心不全の再生医療を開発するHeartseed(ハートシード)の社長でもある。同社については過去、『週刊東洋経済』2020年8月22日号「すごいベンチャー100 2020年版」でも取り上げた。

そのハートシードが6月、デンマークに本社を置く世界屈指の製薬大手・ノボノルディスク(以下、ノボ社)と、全世界を対象とする技術提携・ライセンス契約を締結した。ハートシードは一時金等の5500万ドル(約60億円)を含め、最大で総額5億9800万ドル(660億円)を受け取る見通しだ。

国内のバイオ再生医療関連ベンチャーでは、オンコリスバイオファーマが2019年4月、開発中の腫瘍溶解ウイルスで中外製薬(スイスの製薬大手・ロシュの傘下)と総額500億円超の契約を締結している。今回のハートシードのケースはこれを上回り、国内で過去最高水準の契約額となった。

世界の心不全患者は2600万人

ノボ社との契約により、ハートシードの開発エリアは国内から一気に全世界に広がる。ノボ社日本法人のオーレ・ムルスコウ・ベック社長は「世界の心不全患者は2600万人とされ、大きなアンメットメディカルニーズ(未充足の医療ニーズ)がある。できるだけ早く両社で開発を進めたい」と積極的だ。

福田氏も「まず国内で期限条件付き承認を取得し、数年後には米欧などでの国際共同治験に進める」考えだ。

次ページ埋まらぬ「空白地帯」
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2021年版
急成長SmartHR、上場SaaSに劣らぬ「稼ぐ力」
約150億円を調達、評価額は1700億円に急上昇
再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕
日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ
受験塾が様変わり!AI教材「アタマプラス」の猛進
教育ベンチャーとして資金調達額が最大規模に
ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力
大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み
躍進アンドパッド、幹部に「銀河系軍団」の思惑
各界のスターが経営参画、業容拡大へアクセル
敏腕ベンチャー投資家が語る「金の卵」発掘の極意
皆が群がる案件の「逆を行く」ことのメリット
香港1兆円ファンド、日本ベンチャーに注ぐ熱視線
勢力広げる「クロスオーバー投資家」の頭の中
日本の「インフラ問題」に挑むドローン企業の野望
22億円調達し攻勢、業務内容ごとのアプリで差別化
味の素も惚れた「植物肉ベンチャー」の差別化技術
メーカーや商社と続々提携、後発で躍進の理由
遠隔操作ロボの先駆者が描く「未来すぎる働き方」
コンビニの品出しを海外から!大手と次々提携
未上場株投資FUNDINNO、地銀や証券が注目の理由
ベンチャーの資金調達手段に新機軸打ち立てる
敏腕営業マン起業家が作った「魔法のSaaS」の正体
Google、freeeで証明した百戦錬磨の知見が満載
「誰でも動画時代」を確信したベンチャーの大転換
既存事業を縮小し「動画自動生成」に大胆注力
大不況の旅行業界で再び勝負「連続起業家」の決意
創業3カ月で異例の22億円調達、篠塚孝哉氏の勝算
厳選!すごいベンチャー100社リスト2021年最新版
業界担当記者が総力取材、金の卵を探せ!
24歳で90億円調達、タイミー社長の「挫折と再生」
海外投資家も熱視線、隙間バイトアプリの猛攻
投資マネー殺到!スマートニュース「米国躍進」の裏側
企業評価額は2100億円超え、きっかけは米大統領選
元DeNA社長が「ベンチャー移籍」決めた端的な理由
24歳タイミー社長のオファー受けた48歳の覚悟
孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心
「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す
SaaS戦国時代、後発ベンチャー「巨額調達」で追撃
中堅人材会社から独立したジンジャーの勝算
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内