敏腕営業マン起業家が作った「魔法のSaaS」の正体 Google、freeeで証明した百戦錬磨の知見が満載

印刷
A
A

国内ベンチャー企業の資金調達額は再び過去最高水準に。次なる「ユニコーン」候補があらゆる業界で生まれている。その中から厳選した各社を総力取材。金の卵探しを始めよう。

マジックモーメントの村尾祐弥CEOは、グーグルの日本法人やクラウド会計ソフトのフリーなどのIT企業で百戦錬磨の営業経験を積んできた(記者撮影)

特集「すごいベンチャー100 2021年版」の他の記事を読む

グーグルの日本法人では広告営業としてグローバルでトップの成績を上げ、担当部門の売り上げを3年で60倍に。その後クラウド会計ソフトのフリーに転職すると、営業責任者として売り上げを8カ月で28倍にし、解約率を3カ月で約7分の1まで下げた。

営業支援のSaaS(Software as a Service)を手掛けるベンチャー、マジックモーメントを率いる村尾祐弥CEOは、腕利きの営業パーソンとしてIT業界を渡り歩いてきた。「すばらしい技術や製品は世に広まらないと意味がない。ただ、自分がグーグルやフリーでやってきたことを、ほかにできる人がいなかった。結果の出る営業のやり方を世の中に提供したい」。

そんな思いで2017年に立ち上げたのがマジックモーメントだ。「魔法が起こる瞬間」という意味のこの言葉には、「非連続な成長を実現したときの感覚や雰囲気を顧客にも感じてもらいたい」という村尾氏の意思が込められている。

この言葉は、村尾氏のグーグル在籍当時にアメリカ本社の上級副社長を務めていたニケシュ・アローラ氏が使っていたもの。アローラ氏は後に孫正義氏の右腕として、ソフトバンクグループの副社長に転じたことで知られる。

「やるべきこと」を営業担当者に自動提案

主力製品のSaaS「プレイブック」は、導入した企業が顧客との「エンゲージメント」を高められるようにするもの。エンゲージメントとは、自社の製品やサービスをその顧客が長期にわたり活発に使ってくれる度合いを意味する。とくにSaaSなどのサブスクリプション製品との相性がよいという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2021年版
急成長SmartHR、上場SaaSに劣らぬ「稼ぐ力」
約150億円を調達、評価額は1700億円に急上昇
再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕
日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ
受験塾が様変わり!AI教材「アタマプラス」の猛進
教育ベンチャーとして資金調達額が最大規模に
ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力
大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み
躍進アンドパッド、幹部に「銀河系軍団」の思惑
各界のスターが経営参画、業容拡大へアクセル
敏腕ベンチャー投資家が語る「金の卵」発掘の極意
皆が群がる案件の「逆を行く」ことのメリット
香港1兆円ファンド、日本ベンチャーに注ぐ熱視線
勢力広げる「クロスオーバー投資家」の頭の中
日本の「インフラ問題」に挑むドローン企業の野望
22億円調達し攻勢、業務内容ごとのアプリで差別化
味の素も惚れた「植物肉ベンチャー」の差別化技術
メーカーや商社と続々提携、後発で躍進の理由
遠隔操作ロボの先駆者が描く「未来すぎる働き方」
コンビニの品出しを海外から!大手と次々提携
未上場株投資FUNDINNO、地銀や証券が注目の理由
ベンチャーの資金調達手段に新機軸打ち立てる
敏腕営業マン起業家が作った「魔法のSaaS」の正体
Google、freeeで証明した百戦錬磨の知見が満載
「誰でも動画時代」を確信したベンチャーの大転換
既存事業を縮小し「動画自動生成」に大胆注力
大不況の旅行業界で再び勝負「連続起業家」の決意
創業3カ月で異例の22億円調達、篠塚孝哉氏の勝算
厳選!すごいベンチャー100社リスト2021年最新版
業界担当記者が総力取材、金の卵を探せ!
24歳で90億円調達、タイミー社長の「挫折と再生」
海外投資家も熱視線、隙間バイトアプリの猛攻
投資マネー殺到!スマートニュース「米国躍進」の裏側
企業評価額は2100億円超え、きっかけは米大統領選
元DeNA社長が「ベンチャー移籍」決めた端的な理由
24歳タイミー社長のオファー受けた48歳の覚悟
孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心
「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す
SaaS戦国時代、後発ベンチャー「巨額調達」で追撃
中堅人材会社から独立したジンジャーの勝算
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内