敏腕ベンチャー投資家が語る「金の卵」発掘の極意 皆が群がる案件の「逆を行く」ことのメリット

印刷
A
A

大化けする「すごいベンチャー」はどこだ。毎年恒例、『週刊東洋経済』での最新100社の発表を前に、過去の「すごいベンチャー」選出後に急成長した企業のリポートや注目投資家のインタビューを随時掲載する。

ほんだ・おうすけ/1974年生まれ。幼少期をアメリカのテキサス州などで過ごす。一橋大学法学部卒業。1996年三菱商事入社。自動車部門の海外営業や事業投資などに従事。グロービス・キャピタル・パートナーズを経て、2007年から現職(提供:DCMベンチャーズ)

特集「すごいベンチャー100 2021年版」の他の記事を読む

コロナ禍での落ち込みを経て、ベンチャー企業への投資熱は再び盛り上がってきた。
2020年の国内ベンチャーの資金調達総額は5222億円と、過去最高だった2019年(5522億円)からやや減少。ただ2021年1~6月は3245億円と上半期として過去最高に(いずれもINITIAL調べ)。一度に100億円以上を集めるベンチャーも珍しくなくなってきている。
とはいえベンチャー大国であるアメリカや中国と比較すると、1社あたりの資金調達規模は小さく、ベンチャーの企業数自体がまだ少ない。業界の最前線にいるベンチャーキャピタルは、こうした日本のベンチャーを取り巻く環境をどう見ているのか。
日本、アメリカ、中国で3000億円以上のファンドを運営するDCMベンチャーズはクラウド名刺管理のSansan(2019年上場)やクラウド会計ソフトのフリー(同)など、現在数千億円規模の時価総額を誇る企業に創業初期から投資してきた。投資を率いた日本代表の本多央輔氏に話を聞いた。

 

――アメリカや中国と比べ、今の日本のベンチャーを取り巻く環境をどう評価していますか。

それぞれの国が独自の進化を遂げているが、日本はまだ成長初期のフェーズだ。1つ特徴があるとすれば、トレンドに引っ張られがちということ。例えば今はSaaS(Software as a Service)ばかり注目されている。フリーは今でこそSaaSの代表的な会社になっているが、僕らが投資した2012年当時、SaaSという言葉を使う人はいなかった。

この現象は”デジャブ”のようだ。2010年代前半、日本ではソーシャルゲームが大流行し、どのベンチャーも消費者向け、それもゲームかグルメをやろうという話だった。こんな会社でこんなに高いバリュエーション(企業評価額)がつくのかと。これは自分がやりたい世界じゃないと感じた。

DCMはその後5年ほど、BtoBのクラウド領域にしか投資しなかった。僕は新卒で三菱商事に入社したが、当時は商社出身者がベンチャーに流れ始めたタイミングだった。彼らが商機を見いだしたのはBtoCではなくBtoB。そうした(ビジネスの経験が豊富な)人たちが注目しているという意味で将来性のある分野だと思った。

さらにアメリカではクラウドが当たり前になり、SaaSの代表格であるセールスフォース・ドット・コムも急成長していた。日本にもクラウドが来ないわけがないと思い、そこからフリーやSansan、ビザスクなどに投資対象を広げた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2021年版
急成長SmartHR、上場SaaSに劣らぬ「稼ぐ力」
約150億円を調達、評価額は1700億円に急上昇
再生医療ハートシード「660億円契約」獲得の内幕
日本のベンチャーが製薬世界大手とタッグ
受験塾が様変わり!AI教材「アタマプラス」の猛進
教育ベンチャーとして資金調達額が最大規模に
ウェブ翻訳の「黒子ベンチャー」36億円調達の底力
大企業が続々導入、多言語対応に圧倒的な強み
躍進アンドパッド、幹部に「銀河系軍団」の思惑
各界のスターが経営参画、業容拡大へアクセル
敏腕ベンチャー投資家が語る「金の卵」発掘の極意
皆が群がる案件の「逆を行く」ことのメリット
香港1兆円ファンド、日本ベンチャーに注ぐ熱視線
勢力広げる「クロスオーバー投資家」の頭の中
日本の「インフラ問題」に挑むドローン企業の野望
22億円調達し攻勢、業務内容ごとのアプリで差別化
味の素も惚れた「植物肉ベンチャー」の差別化技術
メーカーや商社と続々提携、後発で躍進の理由
遠隔操作ロボの先駆者が描く「未来すぎる働き方」
コンビニの品出しを海外から!大手と次々提携
未上場株投資FUNDINNO、地銀や証券が注目の理由
ベンチャーの資金調達手段に新機軸打ち立てる
敏腕営業マン起業家が作った「魔法のSaaS」の正体
Google、freeeで証明した百戦錬磨の知見が満載
「誰でも動画時代」を確信したベンチャーの大転換
既存事業を縮小し「動画自動生成」に大胆注力
大不況の旅行業界で再び勝負「連続起業家」の決意
創業3カ月で異例の22億円調達、篠塚孝哉氏の勝算
厳選!すごいベンチャー100社リスト2021年最新版
業界担当記者が総力取材、金の卵を探せ!
24歳で90億円調達、タイミー社長の「挫折と再生」
海外投資家も熱視線、隙間バイトアプリの猛攻
投資マネー殺到!スマートニュース「米国躍進」の裏側
企業評価額は2100億円超え、きっかけは米大統領選
元DeNA社長が「ベンチャー移籍」決めた端的な理由
24歳タイミー社長のオファー受けた48歳の覚悟
孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心
「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す
SaaS戦国時代、後発ベンチャー「巨額調達」で追撃
中堅人材会社から独立したジンジャーの勝算
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内