有料会員限定

すごいベンチャー100 2018年版 ビジネスヒントはここにある!

印刷
A
A

大企業も熱狂するベンチャー投資。次のメルカリはどの会社か、注目のベンチャー100社を総まくりで紹介する。

本誌:秦 卓弥、山田徹也

週刊東洋経済 2018年7/14号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「すごいベンチャー100 2018年版」の他の記事を読む

あのメガベンチャーがついに上場した。6月19日、東証マザーズに上場したメルカリ。同社の初日の時価総額は7172億円(終値ベース)と、創業からわずか5年で、日本マクドナルドホールディングスに次ぐ水準となった。ベンチャー界だけでなく、株式市場関係者の話題をさらった。

いま日本には、第4次ベンチャーブームと呼ばれる波が来ている。2017年のベンチャーの資金調達額は2791億円。これは最も少なかった12年の4.3倍の水準となる。金融緩和や13年以降に相次いで設立された官製ファンドなどにより、ベンチャー市場にリスクマネーが流入。近年は、大企業もベンチャー投資にのめり込み、市場拡大に拍車をかける。

AI、宇宙、創薬…100億円級調達が続々

ベンチャー企業1社当たりの調達額も大きくなっている。17年の資金調達額ランキングを見ると、1位のプリファード・ネットワークス(東京大学発のAI〈人工知能〉ベンチャー)をはじめ、2位のスコヒアファーマ(武田薬品工業の事業を切り出した創薬ベンチャー)、3位のispace(月面探査を目指す宇宙ベンチャー)と100億円級の調達が続いている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2018年版
あのベンチャーのその後
追跡調査!
AIから物流、ものづくり分野まで
ベンチャー最前線(5)
【政治ベンチャー】
【リーガル(法務)ベンチャー】
【ヘルスケアベンチャー】
ベンチャー最前線(4)
【エンタメベンチャー】
【アパレルベンチャー】
【ライフスタイルベンチャー】
【フードベンチャー】
ベンチャー最前線(3)
【観光ベンチャー】
【HR(人事)ベンチャー】
【教育ベンチャー】
Interview|500 Startups Japan ジェームズ・ライニー
Interview|東京大学教授 各務茂夫
【新素材ベンチャー】
ベンチャー最前線(2)
【建設・不動産ベンチャー】
米国「巨額投資」の勝算
【シェアリングベンチャー】
【フィンテックベンチャー】
ベンチャー最前線(1)
【モビリティベンチャー】
【エネルギーベンチャー】
【AIベンチャー】
【ロボットベンチャー】
【宇宙ベンチャー】
ビジネスヒントはここにある!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内