温室効果ガス「46%削減」、こうすれば実現できる カギは省エネと再エネの推進、石炭火力「ゼロ」

印刷
A
A

菅首相が気候変動サミットで表明した温室効果ガス「46%削減」。この大目標を達成するために何が必要なのか。

4月22日、オンラインの気候変動サミットで演説する菅義偉首相(左)。画面内はアメリカのバイデン大統領。写真右は小泉進次郎環境相(写真:時事、提供:内閣広報室)

特集「温暖化ガス「46%減」の衝撃」の他の記事を読む

菅義偉首相は4月22日、2030年度の日本の温室効果ガス排出量について、2013年度比で46%削減するとし、「さらに50%の高みに向けて挑戦を続けていく」と表明した。

今後9年間で温室効果ガスの排出量をほぼ半減させる目標は、地球温暖化対策が進んでいるとは言えない日本にとって、今までの延長線上の努力では決して達成できない厳しいものだ。しかし、経済界からも表立っての強い反対の声は聞かれなかった。なぜだろうか。

実は46%削減という数字は、日本が2020年10月に公表した「2050年までの脱炭素社会」という目標を実現するうえで、科学的に見て必要となる2030年時点での削減率なのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
温暖化ガス「46%減」の衝撃
温室効果ガス「46%削減」、こうすれば実現できる
カギは省エネと再エネの推進、石炭火力「ゼロ」
新たなエネルギー基本計画で露呈した「つじつま合わせ」
温室効果ガス「46%減目標」が招いた迷走
国連報告書が指摘する「破局的温暖化」の現実味
人為的な影響が主因、今こそ本気でCO2抑制を
経産省幹部が語る「カーボンニュートラル」への難路
日本式のやり方でベストな方策を追求していく
東京電力、再エネ発電で「利益3倍増」への本気度
洋上風力の開発を加速、水力で新たな収益源
「洋上風力大国」イギリスが描く成長戦略の要点
部品・部材の製造拠点や研修施設を一定地域に集積
ENEOS「2000億円買収」に漂う再エネ出遅れの焦燥
再エネ電力大手を傘下に、透けるノウハウ不足
三菱ケミカルHD「脱炭素」で加速する事業リストラ
外国人社長の下で「石化・炭素事業」を切り離す
東京ガス、脱炭素加速へ「2兆円投資」に込めた狙い
株主還元を縮小、「グリーン債」で資金を捻出
太陽光発電「乱開発」、小規模装い監視逃れの実態
山を切り崩し、水路を埋め、道路を破壊する
関電と提携、「CO2排出を可視化」する黒子の素顔
電力会社や大手銀行と提携、脱炭素支える裏方
三菱商事、洋上風力「赤字入札」の見方に大反論
キーマンが激白「再エネコストは下げられる」
JERA幹部が明かす「洋上風力」入札の敗因と決意
三菱商事は「ダブルK点越え」、敵ながら見事だ
GE、三菱商事の「洋上風力総取り」を支えた神髄
大型風車134基を受注へ、GE幹部が明かす勝因
経産省が創設、CO2排出量市場へ大いなる疑問符
実効性に欠け、EUの制度とは似て非なるものに
三菱に洋上風力で敗した再エネベンチャーの胸中
レノバ社長が語る「1日も早い稼働」への熱意
気候変動「最新報告書」から読み解く7つの知恵
もはや取り返しのつかない損害が発生している
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内