三菱に洋上風力で敗した再エネベンチャーの胸中 レノバ社長が語る「1日も早い稼働」への熱意

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

脱炭素の切り札である洋上風力発電。国内初の公募案件に敗退したものの、依然として参入に意欲を見せるレノバの戦略に迫る。

きみなみ・ようすけ/1974年生まれ。京都大学総合人間学部卒。1998年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。2000年にリサイクルワン(現レノバ)を創業。現在に至る(撮影:尾形文繁)

特集「温暖化ガス「46%減」の衝撃」の他の記事を読む

国内の導入余地が大きく、「再生可能エネルギーの主力」を担うと期待されている洋上風力発電。2021年12月に国内初となる3海域の公募入札結果が公表され、三菱商事などのグループが総取りする結果となった。(「洋上風力 価格破壊ショック」特集はこちらから)
いち早く洋上風力発電事業への参画を目指しながらも、今回の公募入札に敗退した再エネ大手「レノバ」の木南陽介社長に今後の成長戦略を聞いた。

 

──そもそもレノバが再エネ事業に取り組んできたのはなぜでしょう。

大学時代に環境問題を研究していた。これはすごく大事な話なのに、あまり取り組みがなされていなかった。官庁や非政府組織(NGO)ではなく、ビジネスとしてやらなければならないと思ったのが当社を立ち上げた理由だ。ただ、設立当時の日本のエネルギー政策は原子力発電比率を高めることで、再生可能エネルギーは優先順位でいえば後回し。市場も小さかった。結局はリサイクル事業を主軸にして今の会社を立ち上げた。

洋上風力事業に先駈けて意欲

──FIT(固定価格買取)制度が始まったことが追い風になったということですか。

そうだ。海外でも似たような市場はあるけれども、日本はちょっと極端な形で市場が始まった。非常に高い売電価格が設定されて、これまで再エネに縁もゆかりもなかった事業者が大量に参入した。

彼らと当社の位置づけは違うと思っているが、事業化しやすい素地ができたのは事実で一気に事業展開することができた。日本の再エネ市場は太陽光が一番大きくて、バイオマス、陸上風力と続く。欧州が風力偏重の市場であることとはまったく違う。

次ページ公募案件に敗退した要因は?
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
温暖化ガス「46%減」の衝撃
温室効果ガス「46%削減」、こうすれば実現できる
カギは省エネと再エネの推進、石炭火力「ゼロ」
新たなエネルギー基本計画で露呈した「つじつま合わせ」
温室効果ガス「46%減目標」が招いた迷走
国連報告書が指摘する「破局的温暖化」の現実味
人為的な影響が主因、今こそ本気でCO2抑制を
経産省幹部が語る「カーボンニュートラル」への難路
日本式のやり方でベストな方策を追求していく
東京電力、再エネ発電で「利益3倍増」への本気度
洋上風力の開発を加速、水力で新たな収益源
「洋上風力大国」イギリスが描く成長戦略の要点
部品・部材の製造拠点や研修施設を一定地域に集積
ENEOS「2000億円買収」に漂う再エネ出遅れの焦燥
再エネ電力大手を傘下に、透けるノウハウ不足
三菱ケミカルHD「脱炭素」で加速する事業リストラ
外国人社長の下で「石化・炭素事業」を切り離す
東京ガス、脱炭素加速へ「2兆円投資」に込めた狙い
株主還元を縮小、「グリーン債」で資金を捻出
太陽光発電「乱開発」、小規模装い監視逃れの実態
山を切り崩し、水路を埋め、道路を破壊する
関電と提携、「CO2排出を可視化」する黒子の素顔
電力会社や大手銀行と提携、脱炭素支える裏方
三菱商事、洋上風力「赤字入札」の見方に大反論
キーマンが激白「再エネコストは下げられる」
JERA幹部が明かす「洋上風力」入札の敗因と決意
三菱商事は「ダブルK点越え」、敵ながら見事だ
GE、三菱商事の「洋上風力総取り」を支えた神髄
大型風車134基を受注へ、GE幹部が明かす勝因
経産省が創設、CO2排出量市場へ大いなる疑問符
実効性に欠け、EUの制度とは似て非なるものに
三菱に洋上風力で敗した再エネベンチャーの胸中
レノバ社長が語る「1日も早い稼働」への熱意
気候変動「最新報告書」から読み解く7つの知恵
もはや取り返しのつかない損害が発生している
日本の洋上風力、案件規模拡大と加速化が急務
最大手オーステッド幹部が日本の課題を指摘
再エネ拡大と市場改革でエネルギー危機の克服を
規模とスピードで日本の政策対応は遅すぎる
都市ガス脱炭素化の切り札「合成メタン」の勝算
技術開発に本腰を入れる東京ガスや大阪ガス
気候変動に関する国連会議COP27「3つの注目点」
気候被害めぐり応酬、投資家も影響力を行使
脱炭素化の技術競争、神戸製鋼所に差した光明
北欧のベンチャーが神戸鋼の技術を活用して生産へ
気候災害が続発、途上国支援強化がCOP27の争点に
先進国と途上国の「溝」はどこまで埋まるのか
温室効果ガス削減の議論が後回し「COP27」の内幕
2023年はG7議長国の日本に「風圧」が強まる
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内