マネタイゼーションの懸念くすぶる米FRB


日銀も付き合うはめに

日本の長期金利は米国の長期金利と連動して動く。QE2のとばっちりで、日本の長期金利も急騰しメガバンクなどが損切りを余儀なくされている。さらに円高進行を阻止する狙いもあって、日本銀行も12月以降、資金をジャブジャブに供給し続けている。

資産買取基金を設立した「包括緩和」自体が、米国の金融緩和に対抗する意味で踏み切らざるをえなかったものだが、FRBが6月以降もQE2をやめられなければ、日銀の基金増額も濃厚となる。

(シニアライター:大崎明子 =週刊東洋経済2011年1月22日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT