2012年新卒者の就活本格化--「マイナビ就職EXPO」開催

2012年新卒者の就活本格化--「マイナビ就職EXPO」開催

1月8日(土)、9日(日)、江東区有明の東京ビッグサイトにて、「マイナビ就職EXPO」が開催された。参加学生は8日が1万2071人、9日が1万1248人で合計で2万3319人。

もうそろそろ、合同説明会よりも個別説明会に出席する段階という感じもするが、マイナビの望月一志編集長によると「秋の就職EXPOは業界研究的なもので、今回は個別に企業を探すためのイベント」とのこと。

参加者数が多いだけに、既に200社のプレエントリーをすませた学生もいれば、まだ20社程度しかしておらず、このイベントをきっかけに就活をスタートする学生もいる。

参加企業は2日で延べ301社。民間企業ばかりではなく、警視庁、千葉県警、埼玉県警、東京消防庁 東京都、船橋市役所といった官公庁も出展。特に警視庁は学生人気が高く、ブースは黒山の人だかりとなっていた。就職氷河期とはいっても、すべての企業の出展ブースが混み合うわけではなく、「就職氷河期というが、学生を採用するのはたいへんだ」(外食)という声も聞かれた。

また、企業ブースの出展だけでなく、就職活動に関する講座や「就職カウンセリングコーナー」が設置されており、学生の人気を集めていた。ある学生は「大学のキャリアセンターの話だけでは安心できないので、カウンセリングを受けることにした」という。

マイナビでは2月にも再び東京ビッグサイトで「マイナビ就職EXPO」を開催するが、地方でも順次開催する予定だ。

(東洋経済HRオンライン編集長 田宮寛之)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT