地上戦に勝てなかった「ネット選挙」

ネットがすぐ票に結び付くという「幻想」

安倍晋三首相は、演説を終え次の会場への移動時には必ずタブレットを取り出し、終えた演説会場の様子をまめに配信することで“武器”とした。また、事務所を訪れたある自民党議員は、選挙事務所に大モニターを置き、街宣活動の“今”を動画で流すということをやってはいたが、これはごくごく少数派だった。

「空中戦」より「地上戦」、結局は「ライブ選挙」に

ネット解禁後初の今回の衆院選は、ネットがどんな戦術に有効かがわからないまま終わったということだったようだ。総理のようにメディアや全国民をターゲットにした戦術の“武器”になれば別なのだが、多くの候補者は、ネットに時間を費やすくらいなら、外に出て訴える、握手で接するというライブ選挙に向かった結果のようだ。

選挙用語では「上滑り」というが、表面をなぞっても心までは掴んでいない、メディアで取り上げられたり、「追い風」「向かい風」というような情報による「空中戦」ではなく、どぶ板を踏んだ「地上戦」の方が確実だという意識が働いたのかもしれない。さらにネットを見ている人は、そもそも支持者なのか、というすそ野の限界もある。これが、ほとんど利用されることもなく、ネット選挙話そのものが話題にもならなかった理由ではないか。

やはり、選挙は、顔を合わせ、直接訴え掛け、握手をし、必死に語り掛けるに限ることを証明した。やはり、古典的なライブでしか成り立たないもののようだ。“人生を賭けた大博打”は、自らの目で確認できるものしか信用できないのであろうか。

とはいえ、折角解禁された選挙広報の一つだから、今後、効果的な使い方が工夫されていくことを望むところだ。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT