ダイバーシティの一部にすぎない女性活用 企業パフォーマンスを上げるためのダイバーシティ・マネジメント①

拡大
縮小


 ダイバーシティ・マネジメントの目的は、さまざまな特質を持つ社内の全人材を活用し、競争が激化するビジネス環境の中で企業のパフォーマンスを向上させていくことである。そのためにはどのような環境、制度や風土などが必要なのかを考えなくてはいけない。

ダイバーシティ発祥の地はアメリカだ。当初は女性や有色人種などマイノリティの機会均等として進められてきたが、1990年初期ごろから組織のダイバーシティへの関心が高まってきた。そして2000年以降は、ヨーロッパ諸国でもダイバーシティを経営戦略として掲げ、積極的に取り組む企業が急増してきた。キーワードは「変化」である。

ITの進展とグローバル化が進む中、世界の社会経済に「加速度的な変化」が起こり、企業が前進するためにはそれらの変化に効果的に対応しなくてはならない。革新的な企業はダイバーシティを「生き残りを懸けた変化への戦略的対応だ」と言い強固に推進している。

さて、冒頭でも述べたダイバーシティの属性は下記の2つの要素からなる(図参照)。
第1要素 内側の輪:年齢、性別、国籍、人種、障害、性的嗜好
第2要素 外側の輪:雇用形態、婚姻状況、趣味、収入、親の地位、出身地、価値観など、無限大

 

 

一般的に、性別や年齢といった外見に出てきやすい第一要素だけがダイバーシティの要素ととらえられがちだが、多様性の要素は外見だけでなく複雑で幅広い。そしてこれら多くの要素が私たち一人ひとりを作り上げているため、一人として自分とまったく同じ人はいない。

また同じ人でも状況などによって違ってくる。誰の基準で「違う」のかを見極めて、女性か男性かといった狭い見方でなく、幅広い視点でダイバーシティをとらえることが重要である。


パク・ジョアン・スックチャ

 アパショナータ代表&コンサルタント ワークライフバランス/ダイバーシティ 日本生まれ、韓国籍。東京で聖心インターナショナル・スクールを卒業。米国ペンシルベニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学 MBA(経営学修士)取得。米国と日本で米国系企業に5年間勤務。その後、韓国延世大学へ語学留学。日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本・香港・シンガポール・中国など、太平洋地区での人事、スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手掛ける。2000年2月に退社。同年12月に日本で最初にワーク・ライフ・バランスを推進するコンサルタントとして独立。企業での社員の意識改革、働き方改革および教育研修に携わる。また、米国とアジアに精通したグローバルな経験を活かし、ダイバーシティ(多様性)推進に力を注ぐ。企業にもメリットをもたらす手法で進める在宅勤務導入コンサルティングで成功実績を出し、企業での在宅勤務(テレワーク)も専門とする。著書:『会社人間が会社をつぶす−ワークライフバランスの提案』(朝日選書)など。URL: http://www.worklifebalance.co.jp

 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT