有料会員限定

カネも武器も、結婚も王朝が変えた欧州史 結婚さえ権力の武器に

印刷
A
A
ハプスブルク家の歴代君主が離宮として利用したシェーンブルン宮殿(アフロ)

特集「世界史」の他の記事を読む

欧州では、覇権を目指してさまざまな王朝が勃興と衰退を繰り返してきました。いわば、王朝の歴史が欧州の歴史なのです。

欧州の王朝は、外部から侵入した蛮族を退治した人が王権を立てました。その典型がアヴァール族を撃退したシャルルマーニュ、マジャール族を退治したオットー大帝、ヴァイキングを駆逐したカペー一族です。それは、5世紀末にフランク族がメロヴィング朝を立て、フランク王国を建国したことから始まります。

8世紀半ばに、メロヴィング朝の宮宰だったピピン一族がカロリング朝を開きます。そしてカロリング朝のシャルルマーニュは、800年にローマ教皇によってローマ皇帝として戴冠されます。その後カロリング朝は東フランク(ドイツ)と西フランク(フランス)に分かれます。ザクセン朝東フランク王国のオットー大帝は、シャルルマーニュのようにローマ皇帝に戴冠されました。

ザクセン朝を含むドイツの三つの王朝は、ローマ詣でを続ける過程で王権が衰退していきます。ホーエンシュタウフェン朝が1254年に絶えた後は有力君主が定まらず、20年間の「大空位時代」を迎えました。ドイツの諸侯たちは、イタリアに行って無駄遣いをする強大なドイツ王はもうこりごりだと考え、スイスの小領主だったハプスブルク家のルドルフ1世を王位に迎えました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内