有料会員限定

欧米で再生されたイメージの中の十字軍 キリスト教とイスラム教

印刷
A
A
ヨーロッパでは絵画に十字軍が繰り返し描かれた(Bridgeman Images/アフロ)

特集「世界史」の他の記事を読む

フランスのヴェルサイユ宮殿には5部屋からなる絢爛(けんらん)たる「十字軍の間」というのがある。これを造ったのは、ヴェルサイユを王室の居城から博物館に変えた国王ルイ・フィリップ(在位1830〜48年)だった。

このヴェルサイユで2015年11月、世界が注目した演説が行われた。「フランスは戦争状態にある」という言葉で始まったオランド大統領の演説である。オランド大統領は、パリ同時多発テロの指令を出した過激派組織「イスラム国」に対して、フランスが今後、一丸となって文字どおり戦うことを明らかにした。演説が行われたのは宮殿内で特別に開かれた両院合同会議である。

議会で演説した仏大統領は1848年以来3人にすぎない。また、パリコミューン(1871年)の騒ぎを経てヴェルサイユ宮殿内に造られたこの両院会議場での演説は、今回が2人目だという。

「十字軍の国」を敵とする「イスラム国」への戦争宣言が「十字軍の間」を擁するヴェルサイユ宮殿で行われたのは、何か示唆的なことのように思える。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内