有料会員限定

曲がり角に立つ政教分離と近代化路線 トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か

印刷
A
A

トルコは、中東では経済や社会の「近代化」にいち早く成功した国家である。その中で目を引くのが、建国に際して取り入れられた政教分離である。とはいえトルコはムスリム(イスラーム教徒)が圧倒的多数を占める社会である。そのため政教分離の導入は、国内にある種の矛盾を生むことになる。そして、トルコの政教分離にはその歩みの過程でさまざまな変化があった。

「瀕死の病人」から再生を果たす

19世紀から20世紀にかけて、欧州列強の勢力争いに巻き込まれたオスマン帝国は、その領土を減らし、国家財政は破綻したため、「瀕死の病人」と揶揄された。第1次世界大戦で敗北し、1918年にムドロス休戦協定、20年にセーヴル条約が締結され、オスマン帝国は多くの領土を失った。かろうじて確保したアナトリア半島(現在のトルコ共和国の領土)にもイギリス、フランス、イタリア、ギリシャが兵を進め、とうとう病人の命運も尽きたかに思われた。

そこに登場したのがムスタファ・ケマルであった。抵抗運動を組織し、最終的にイギリス、フランス、イタリアと停戦、ギリシャを駆逐する。その結果、セーヴル条約に代わるローザンヌ条約の締結にこぎ着け、アナトリア半島の確保に成功する。23年10月、オスマン帝国に代わるトルコ共和国が建国され、ケマルが初代大統領に就任する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内