有料会員限定

欧州の一員として生き残るしかない 英国 大陸との微妙な距離感

印刷
A
A

 世界史と現代を結ぶ視点

19世紀半ばのロンドン港。海外との貿易でにぎわった(Heritage Images)

特集「世界史」の他の記事を読む

私にとって初めてのイギリス暮らしが半年ほど過ぎたとき、「一九七二年秋・ロンドン」と題するロンドン便りを国内の研究誌に投稿した。失業とストライキと社会不満の充満した「イギリス病」の時代である。ロンドンの公園を散歩していると、乳母車を押してきた若い母親にすれ違いざま、「おカネちょうだい!」と言われたことすらあった。

不景気にもかかわらずロンドンには移民があふれ、日本で教わった資本主義と産業革命の故郷、アングロサクソン系白人でピューリタンのイギリスは、そこにはなかった。

アイルランド紛争も猖獗(しょうけつ)を極め、ロンドンでも連日デモが繰り返されていた。他方で、極右の政治家E・パウエルによる反移民のアジ演説が新聞をにぎわせていた。イギリスの混乱と衰退感は、歴史家としての私の感性にいたく響いた。

翌73年元日、イギリスはEC(欧州共同体)に加盟した。むろん、今日の「離脱派」につながるヨーロッパ懐疑派も多かったが、ド・ゴールにしばしば阻止された加盟が実現したことは大きな成果であった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内