有料会員限定

社会民主主義はよみがえるか? 新自由主義が限界に達した

印刷
A
A

共産主義体制の崩壊とネオリベラリズム(新自由主義)の隆盛の中で、色あせていた社会民主主義の思想が蘇りつつある。共産主義と社会民主主義は、初期資本主義が作り出した過酷な現実に対する批判として登場した。野放図な資本主義(レッセフェール資本主義)は労働者階級に過酷な労働を強い、耐えがたい社会的格差を生み出すと、双方ともに主張した。共産主義は市場経済と私有財産制を廃止して経済計画を国家に委ねることを主張し、社会民主主義は国家による市場規制や労働者保護、福祉政策で資本主義を改良することを求めた。

やがてロシア革命が成功し(1917年)、大恐慌(29年)で資本主義の限界が明らかになると、先進国で国家による市場規制、景気政策、社会政策が行われる混合経済体制が受け入れられるようになる。“見えざる手”による市場調整の有効性を主張する古典派経済学から、政府の積極的な役割を主張するケインズ経済学へと流れが変わった。戦後は市場経済と市場規制が組み合わされた混合経済が先進国の規範となった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内