有料会員限定

経済覇権が国の盛衰を決めた 人気講師によるビジネスマン世界史講座

印刷
A
A

経済力こそが国の力だ! 大航海時代から近世・近代まで、経済パワーの歴史をたどる。

世界では日々、新しいニュースが報じられますが、実は過去の歴史の中でも同じようなことが起きています。われわれは歴史を探ることによって、現在の問題に対する答えを見つけることができます。数百年の長期スパンの中で、世界経済がどう動いたか、国家は経済政策をどう動かしたかをご紹介します。経済を通して見た世界史講座です。

特集「世界史」の他の記事を読む

15世紀、コロンブスが西回りで「インド」(実際はアメリカ新大陸)に到達すると、ポルトガルとスペインがその支配圏をめぐり、対立し始めました。

ローマ教皇アレクサンデル6世はカトリックの両国の争いを調停するために1493年、教皇子午線を設定します。子午線の東をポルトガル、西をスペインの勢力圏としました。

裁定はスペインに有利であったため、ポルトガルは再交渉を要請します。翌94年、トルデシリャス条約で教皇子午線を西へ約1850kmずらすことになりました。

両国は境界線がインド付近を通っていると考えており、新大陸のブラジル付近を通っているとは知りませんでした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内