有料会員限定

各国が争った石油150年史 戦略物資の争奪戦

印刷
A
A
中東の油田をめぐってはこれまでに幾多の衝突が生まれてきた(ロイター/アフロ)

特集「世界史」の他の記事を読む

石油は昔から人類にとってなじみ深い物質であるが、大量生産技術の確立には長い年月を要した。1859年、米国のエドウィン・ドレーク(通称・ドレーク大佐)が岩塩掘削用のボーリング技術に目をつけ、ペンシルベニア州の油田掘削に応用して大量生産に成功した。

これによりペンシルベニア州の原油生産は1860年の45万バレルから翌々年には300万バレルに急増した。当時の原油需要は照明用(灯油)に限られていたため、供給過剰に陥り価格が暴落し、一獲千金を狙った多くの企業が倒産に追い込まれた。

そこに登場するのがジョン・ロックフェラーである。1870年にスタンダード石油を設立すると次々と石油精製所を買収した。80年代にはシェア8割と、市場をほぼ独占するまでになった。

1879年、トーマス・エジソンが白熱電球を実用化したため、照明用の需要が激減したが、80年代ドイツでゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツの手によってガソリンで動く内燃機関(ガソリンエンジン)が開発されると、ロックフェラーは原油から灯油を採取した後に捨てられていたガソリンが内燃機関の燃料として利用できることを思いつく。1908年、T型フォードが開発されると、米国は世界に先駆けモータリゼーションの時代に入った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内