有料会員限定

皮肉なパラドックス「中庸」のはずが極端に 中国はなぜ傲慢なのか

印刷
A
A

今の日本人一般の印象でいえば、中国は傲慢な大国であり、そこに強烈な「中華思想」が存在する。ここでいわゆる中華思想とは、中国の、すぐれて自己中心的な論理、あるいは振る舞いをもたらす論理のことである。

ではこの中華思想は、どのようにしてできたのか。なぜ今の中国で、それがこれほど顕著になっているのだろうか。

中国人の思考は、意識するとせざるとにかかわらず、多くが儒教をベースにしている。儒教が二千年来、言語表現のレベルに至るまで、ずっと知識人を支配してきたイデオロギーだからである。中華思想の根源をたどると、儒教思想の一部に行き着く。儒教の教理がわかれば、中華思想とは何かがわかるはずだ。

儒教の基本的な立場は自分本位であり、自分という存在を大事にする。まずはわが身の生存である。「衣食足りて礼節を知る」というが、自らの衣食も乏しいのに、他人への礼節になど構ってはいられない。

自分が第一、そのうえで初めて他人との関係がある。儒教の経典『大学』にいう「修身・斉家・治国・平天下」。あまりにも有名なこのフレーズからも、儒教の発想法がわかる。「天下」よりも、まず「わが身」「わが家」である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
世界史
「苦」から抜け出すための修行を説く
唯一神アッラーへの絶対的信仰を説く
聖書のとおりに生きる宗教
信者数が世界最大の「愛の宗教」
世界を動かす3大宗教をきちんと理解しよう
世界史ブックガイド その2
戦略物資の争奪戦
新自由主義が限界に達した
中国はなぜ傲慢なのか
トランプを生んだ理念の共和国の理想と現実
米国社会にはびこる聖と俗、矛盾と二重基準
民族、言語、宗派でアラブ圏と違い
ドイツ ワイマールからの教訓
トルコ 「イスラーム」か「世俗化」か
キリスト教とイスラム教
プロテスタンティズムだから発展?
英国 大陸との微妙な距離感
世界史ブックガイド その1
結婚さえ権力の武器に
人気講師によるビジネスマン世界史講座
世界史で理解するトルコ、IS、宗教対立
歴史を動かす「3つのエンジン」を理解しよう
世界史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内