2020年東京五輪が箱根ランナーを変えた?

正月決戦の先にある“夢舞台”へのアプローチ

東京五輪から“逆算”すると時間はない

服部勇馬は大学入学時から酒井俊幸監督に「次期エース候補」として育てられてきた特別な選手だ。1年時の全日本大学駅伝では最長区間のアンカーに抜擢された。トップでタスキを受けた服部は、駒澤大学のエース・窪田忍に1分07秒差を大逆転されたが、そのとき流した涙を「強さ」に変えていった。

前々回の箱根は翌年の2区起用を視野に入れて、裏区間の9区に出場(区間3位)。そして、前回の箱根は「花の2区」を任されて区間3位と好走している。

ブエノスアイレスから朗報が届いたのは昨年の9月だ。56年ぶりとなる「東京五輪」の決定に日本列島が沸いた。そして、多くのアスリートが7年後の“夢”を語った。中でも20歳前後の学生ランナーにとって、7年後の未来は輝いて見えたはずだ。「東京五輪はマラソンで勝負したい」と思った箱根ランナーは少なくないだろう。服部勇馬もその中のひとりだった。

ただ服部がほかの選手と違ったのが、夢へのストーリーを具体的に描いていたことだ。前回の箱根後には熊日30キロロードレース(2月)に出場。1時間28分52秒の学生記録(&日本歴代3位)を樹立した。その後、2020年東京五輪を視野に入れ、箱根後の東京で初マラソンに挑戦する覚悟を決めている。

「マラソンをやろうと思ったのは、2020年東京五輪開催が決定したことが大きいですね。五輪代表の選考会に関してはあと5年しかないので、今年から取り組んでいかないと間に合いません。東京五輪のマラソンでメダルを獲得するのが最大の目標なので、そこから逆算しての取り組みになります」(服部)。

服部のビジョンはこうだ。今年の冬に初マラソンを経験して、来年はリオ五輪の選考レースに出場する。ただ参戦するのではなく、代表争いに絡めるレベルに仕上げておく。失敗しても、「五輪選考レース」という独特の雰囲気を経験しておくことが4年後につながるという考えだ。そして、2019年冬の選考レースで悠々と日本代表を勝ち取って、東京五輪で「メダル」に挑戦する。そのため、今季のマラソン挑戦が大きな意味を持つ。

次ページ別のアプローチを取る駒大のエース
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT