今の日本に民主主義がムリである理由

「一票の格差」が持つ本当の意味を考えよう

現在の日本の状態は、簡単に言えば、「一票の格差」が著しく存在する「人口比例」ではない選挙が行われている。

2013年参院選では、全有権者(1億0478万人)の中の3631万人(35%)が、対象選挙の選挙区選出議員(73人)の過半数(37人)を選出し、6846万人(65%)が36人(=73人ー37人)(49%)を選出した(総務省資料より。2013/7/3現在)。たった3分の1強という小数の有権者が、選挙対象の選挙区選出議員の過半数を選び出したのである。 つまり、2013年参院選挙区選挙は、非「人口比例選挙」である。

国の大事な決め事が、正常ではない多数決、下手をしたら少数決で決められているのが現実である。

憲法どおりに政治が行われていない民主主義不在の日本

国民を正しく代表していないのだから、そもそもが「偽物」なのである。これは揶揄する言葉ではなく、憲法通り=本物でないという意味での「偽物」である。一人一票ではない投票による代表によって、意見は反映されるのだろうか。憲法の解釈には様々あるのはもちろん承知の上ではあるが、それでもこのロジックで考えれば、「日本は民主主義国家ではない」ということになってしまう。

少しデータも参照にしておこう。海外では、僅かな差で選挙結果が決まる。2012年の仏大統領選挙はオランド氏が51.6%(18,000,668票)、サルコジ氏は48.8%(16,860,685票)の僅か3.2%の得票率の差で決着がついた。2012年11月の米国大統領選挙は、オバマ氏が50.4%、ロムニー氏は48.1%の僅か2.3%の得票率の差で、2012年12月の韓国大統領選挙は朴槿恵氏が51.6%(約15,771,000人)、文在寅氏が48.0%(約14,670,000人)と僅か3.6%の差で決着がついた。

海外では一票の格差問題に対して、厳格な取り組みが行われている。一票の格差問題は民主主義を運営する憲法という「原理」、そして投票率という選挙結果を左右する「数値」においても深刻な影響を与えるものだということが、読者諸君には分かっただろうか。

もちろん、一票の格差是正に関しては「人口比例にすると、地方の声が届きにくくなるのではないか?」という声がある。人口比例にすると、地方の議席が減るのではないかという懸念だ。しかし、これもおかしい。日本国憲法第43条にはこうある。

第43条

両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。

そう、議員というのは、全国民の代表である。地方の代表という色が過度に強くなり、地域への利益誘導を行っているのが今の政治だ。地方の議員が減ったからと言って、地方がないがしろになるわけではあるまい。

人口比例の選挙こそが、真の民主主義への第一歩なのだ。

次ページ国民審査で実現するのは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT