今の日本に民主主義がムリである理由

「一票の格差」が持つ本当の意味を考えよう

一人一票が実現されているのが「国民審査」

「飛鳥時代から、民主主義は一度もなかった。これが日本である」と升永弁護士は語る。

これを是正するためには、まずは最高裁裁判官の国民審査において、「一人一票にNOと言う裁判官」を罷免することである。これが民主主義への第一歩だ。津田大介氏のポリタスのこの記事や、一人一票実現国民会議のサイトが参考になるのでご覧頂きたい。

これらのサイトを見ればわかるのだが、より具体的に言うならば、最高裁判官の国民審査の対象となる最高裁判事は5人だ。そのうち2人(鬼丸かおる氏と山本庸幸氏)は、人口比例選挙(=一人一票)に賛成している。

残りの3人(木内道祥氏、山﨑敏充氏、池上政幸氏)は、人口比例選挙(=一人一票)に反対である。国民審査では、×印しか付けられない。有権者が人口比例選挙(=一人一票)に賛成なら、この3人に×印を付けるという意思表示が必要になる。○印を付けると無効投票になってしまう。

もちろん、国民審査で罷免するには過半数の投票数が必要だ。しかし、これは選挙と違い、「一人一票」が実現されている。完全なる「人口比例」なのだ。じわじわと投票率は上がっている。「諦めるのは秀才、天才は諦めない。中村修二さんは諦めなかった」という、元気の出る言葉を升永弁護士からは頂いた。

前田敦子風に言うならば・・・。

「選挙を嫌いになっても、民主主義を嫌いにならないでください」

国民審査は外せない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT