USEN宇野康秀・前社長インタビュー(完全収録)

--宇野さんの父である創業者の元忠氏も個人で借り入れをしていました。元忠氏の経験が影響していたりしますか。

私がUSENを引き受けるとき、父親から「やれ」と言われたわけですが、当時は父が個人で800億円の連帯保証をしていました。私がこの会社を引き受けるということは、すなわち800億円の借金を背負うのと同義だったわけです。そもそもの社長就任自体が、そうした意思決定から始まっていました。

ちょうど創業したインテリジェンスが上場する直前だったので、800億円の借金にも耐えうる資力はあるかなと。育ててもらった恩がありますからね。よく私は言っていたんですけど、「自分のミルク代を作ってくれたのはUSENの社員なんだと」。自分は大学まで出してもらったわけですから、一定のお返しをしていくのは当然と思っていました。それで社長就任時にすでに800億円の借金を背負ったものですから、あとは(どれだけ私財を投じても)同じようなものといいますか(笑)

--いきなり800億円の借金から始まったわけですからね。

そうです、そうです。

--「ミルク代を作ってくれたのはUSENの社員だ」とおっしゃったのは?

子供のときの話ですね。親が生計を立てられたのはUSENという会社があって、社員の方々が頑張っていただいたおかげで、自分も学校に行けて大学まで出させてもらった。その後、インテリジェンスという会社を作って成功することができたのも、そのおかげです。特に金銭的支援をもらっていたというわけではないが、目に見えぬ形で恩恵は色々あったんではないでしょうか。

--子供のときからそんなこと考えているとは、すごいですね。

子供のときのUSENは家業に近いものがありましたので、自分の家に社員が出入りしていましたし、彼らが仕事をしているのを見ていました。なかにはおやつをくれたり、遊んでくれる社員さんもいましたしね。

--トータルで個人の資産をどれくらいつぎ込んできたのでしょうか。

インテリジェンスの株式を会社に入れたのが一番大きいです。その時の価格にして300~400億円くらいでしょうか。総額で500億円はかかっているのではないでしょうか。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング