他人事じゃない!45歳銀行員「黄昏研修」

アンケートに見る40代の不安と現実

給与は頭打ち、ポストも減少、肩たたきは目の前。今の会社に残るべきか、飛び出すべきか。多くの人が、迷っている。残りの人生、どこで、どう働くのか。今だからこそもう一度考えたい。
40代以降をどう生き抜くか?(写真:xiangtao / Imasia)

「とうとう来たか」

メガバンクで働く男性(47)のパソコンに、一昨年、人事部からメールが届いた。45歳で受ける通称「黄昏(たそがれ)研修」のお知らせ。先輩から聞いてはいたものの、実際に受け取ってみるとショックだった。

男性は1990年入行のバブル入社組。当時はいち都銀だったのが、合併の繰り返しで行員数は膨れ上がり、ポストは激減している。

本体に残れるのは数人

「同期が何人いるか、もはやよくわからないけど、多分800人くらい」で、銀行本体に残れるのは数人だ。最近は部門の統合でさらにポストが減り、51.5歳といわれてきた実質定年も早まりそうな勢いだ。

研修では人事担当者から「今後の生き方指南」を受けた。どんな資格を取ったらこの先使えそうか、といった知識から、「熟年離婚で妻に捨てられないための心構え」まで。

実質定年後の選択肢は、取引先企業に出向するか、関連子会社に行くかの二つ。後輩にペコペコ頭を下げて、仕事をもらう立場になる関連子会社より、取引先企業のほうが給与も高くて魅力的だが、「今どき、借り入れで銀行に頼るために出向者を受け入れたい企業なんて、ほとんどない」のが実情だ。

アエラは、会員制転職サイト「ビズリーチ」を通じて、40代のビジネスパーソン590人にアンケートを実施した。今の会社で働く上での心配は?という質問に、多くの人は「給与が上がらない、もしくは下がる」と、「しかるべきポジションの不足」をあげた。「事業縮小など会社の方向性」や「リストラ」への不安も強い。

ソフトウェア会社の技術者の男性(48)は、開発のスキルを磨き、三つの会社を渡り歩いてきた。しかし「最近、給与が下がってきた」と表情を曇らせる。

次ページ管理職経験はありますか?って…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。