他人事じゃない!45歳銀行員「黄昏研修」

アンケートに見る40代の不安と現実

営業職の同僚は管理職に上がったが、男性はヒラのまま。

「ある特定の分野で、ずば抜けたものがないと、60過ぎて働けないと思うんです。だからこそスペシャリティーを高める努力をしてきたが、社内的に、それはちっとも評価されない」

稼いで安心したい

このまま、この会社にいても先はない。そう思って転職活動もしている。しかし、国内企業から決まって聞かれるのは「管理職経験はありますか?」。

その度に、心の中で毒づく。

「管理職、管理職って、今、なれていないから転職しようとしてるんだよ!」

現在は、管理職経験ではなく、自分の技術に興味を示してくれた外資系企業と交渉中だ。

男性は、独身。身軽ですね、と言われるが、誰も頼る人がいないからこそ、経済的にはもっと稼いで安心したい。60過ぎても、ずっと家にこもる生活なんてまっぴら。体が元気な限りは、仕事を通じて社会とつながっていたい、と願う。

読者にも聞こう。あなたはこの先、何歳まで働きたいですか。65歳? 70歳? それとも働ける限りずっと?

アンケートで最も多かった回答は「働けるなら何歳まででも」で、その数は約半数に達した。

「70歳まで」を合わせると、6割の人が少なくとも70歳までは働くことを希望している。

もう無理って思う

一方で、「70歳まで働くことが当たり前」の時代が来ることについて、賛成か、問いかけたところ、結果は「賛成ではないが仕方ない」が4割と最多。「賛成」は3割で「反対」が2割。「長く働きたい」という言葉の裏の本音が透けて見える。

渋々受け入れ派は、

「少子高齢化ではしょうがない」(ライフサイエンスメーカー、部長、40代後半、男性)

「肉体的には現職を70歳まで続けるのは難しいので、転職、またはいまの会社で職種を変更できないなら継続は難しい」(化学メーカー、課長、40代前半、女性)

 反対派からは、

「年金支給開始時期を先送りする目的で70歳定年制を語られるのは、現役世代としてあまりに身勝手すぎると思う」(流通・小売り、社員、40代前半、女性)

 という、怒りの声も。

次ページ譲れるもの、譲れないもの
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT