中国の巨大ネット企業が「人員カット」の衝撃 テンセント、事業拡大ペースが期待に届かず

印刷
A
A
テンセントは中国のネット業界でアリババと双璧をなす巨大企業だ。写真は深圳市の本社ビル(同社ウェブサイトより)

中国のネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)が人員カットに踏み切ったとの情報が、市場関係者の注目を集めている。財新記者の取材に応じた複数の社員は、人員カットの事実を認め、その対象が社内の2つのビジネス・グループに集中していると明かした。

ただし人員カットの規模に関しては、「市場で噂されている30%のような、大がかりなものではない」と、これらの社員は口を揃えた。なお3月16日の時点で、人員カットに関してテンセントからの情報開示はない。

現在、テンセントの組織は6つのビジネス・グループで構成されている。今回の人員カットの主な対象は、そのうちのクラウド・アンド・スマート・インダストリー・グループ(CSIG)とプラットフォーム・アンド・コンテンツ・グループ(PCG)だ。

CSIGは、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)を中心とするクラウド・サービスを手がけている。PCGの傘下にはSNS(交流サイト)、ニュースサイト、動画配信など、メディア・コンテンツ事業の大半が配置されている。

「市場の陣取り合戦は終わった」

テンセント社内のある関係者は、CSIGとPCGで人員の適正化が進められているのは事実としながら、次のようにコメントした。

「社員数が10万人規模の大企業で、年間数千人の社員が入れ替わるのはまったく正常なことだ」

CSIGとPCGは2018年9月に発足した、相対的に歴史の浅いビジネス・グループだ。前出の関係者によれば、PCGは収益の柱である広告収入の伸びが2021年に鈍化し、増やしすぎた人員数の調整を始めたという。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、CSIGは(事業の急拡大を予想して)過去3年間で人員を数倍に増やしたが、現実の需要は期待したほど伸びず、同じく余剰人員の削減に踏み切ったようだ。

「かつては市場シェアとユーザー数の拡大がすべてだった。しかし(市場の)陣取り合戦の時代はもう終わり、今後は細分化した市場を深掘りする段階に移っていく」。この関係者はそう締めくくった。

(財新記者:杜知航、屈運栩)
※原文の配信は3月16日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT