「ワクチン打たず感染」43歳彼女の周囲で起きた事 打ちたい意思はあっても体調面で見送った末に

印刷
A
A
オミクロンの症状よりも怖かった「人の排他性」を感じた彼女の告白とは?(写真:亀山さん提供)
世間では「オミクロン株は風邪と似たようなものだ」「軽症のまま治るから心配しなくていい」といった情報を耳にするが、実際のところはどうなのだろうか。感染を経験した人たちの体験談をつづっていく。
前回:ワクチン2回後感染で嗅覚消えた43歳彼女の辛酸(2月22日配信)

血色素量の異常を理由にワクチンは打てなかった

亀山鶴子さん(仮名・43歳)はコロナワクチンを1回も打っていない。

鶴子さんは近年、ある病気をきっかけに重度の貧血となったことがあった。血中の鉄が関係するヘモグロビンの数値「血色素量」では、健康な女性が「11.3~15.2」のところ、彼女はその範囲に収まらない値だった。病院で処方される鉄剤や注射の治療も体質的に合わず、拒否反応。自然治癒に任せるしか方法がなかった。

「身体が弱っている中で、コロナワクチンの副作用がこわいと思った。ワクチンに負ける気しかしない、と感じたんです」

そんな彼女が今回、コロナのオミクロン株に感染した。

「職場の人間関係が一変。私は迷惑をかけた者として、陰口のターゲットになりました」

ワクチンを接種していない鶴子さんの、感染の経緯や症状、周りの状況を詳しく聞いた。鶴子さんのプライバシーに配慮して、個人が特定される情報を伏せながら経緯を説明していきたい。

1月中旬のある日、鶴子さんは急に喉が痛くなり、咳が出始めて「おかしいな」と感じる。思い当たる感染経路は主に3つ。満員電車での通勤、職場での同僚やお客さんとの接触、そして同居する親族との接触だ。自身として疑うのは親族との接触だが、明確にどれが原因かはわからない。

2日後に病院で抗原検査を受けると、「陽性」と診断された。PCR検査も受けたが、医師からは「もう十中八九はコロナ陽性だろう」と言われ、次の日の結果が出る前にコロナの認定をされた。

「実際の症状は軽く、コロナか風邪かわからない状況でした。症状でいちばん気になったことと言えば、『体温が1日のうちで波をうつみたいに変動する』こと。2日目は朝イチが38.8℃で、お昼ごろには37.4℃になり、その後36℃台まで下がるも、夜中は38.8℃になりました」

次ページ「頭に霧がかかったような」後遺症が残る
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT