3回目接種いつ打つか迷う人に知ってほしい現実 ワクチン有効活用のカギを握る「次の流行予測」

印刷
A
A
3回目接種は少しずつ進んでいるが先進諸国からは遅れている(写真:Toru Hanai/Bloomberg)
この記事の画像を見る(4枚)

「早く追加接種をしたいのですが、どうすればいいでしょうか」

外来診療で、しばしば受ける相談だ。このような場合、私は「ケース・バイ・ケースです」と答えることにしている。持病を有する高齢者はともかく、ほとんどの人は急いで打つ必要はないからだ。いや、接種時期は少し見合わせたほうがいいくらいだ。なぜだろうか。

それは、コロナワクチンによって獲得される免疫は、接種後、時間が経つとともに弱まるからだ。2月11日、アメリカ疾病対策センター(CDC)の研究チームは、追加接種により、オミクロン株感染による外来受診、および入院を、接種後2カ月までは、87%、91%予防したが、その効果は同4カ月の段階では、66%および78%まで低下したと報告している。

次の流行の予測が必要

コロナワクチンによる免疫が、時間の経過とともに減衰するのは、追加接種に限った話ではない。同様の現象は、2回接種後の免疫を評価した複数の研究グループから報告されている。どうやら、コロナワクチンは、麻疹や風疹ワクチンなどのように、1回打つと効果が永続するのではなく、インフルエンザワクチンのように流行に合わせて何度も打たなければならないようだ。

ちなみに、インフルエンザワクチンの効果持続期間は5カ月程度だ。流行が本格化する12~1月に対応するため、秋以降に接種されている。まったく同じ議論が、コロナワクチンでも必要だ。

追加接種の議論で重要なのは、次の流行の予測だ。注目すべきは、日本では、過去2年間、春夏冬に流行を繰り返してきたことだ(図1)。

図1

(外部配信先では図や画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

次ページ季節性は日本に限った話ではない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT