10の図表で読む「円高と円安、どちらが得か」

ズバリ長期的には円高が望ましい

2011年以降、日本は「輸出<輸入」の貿易赤字国です。短期の為替変動(特に急激な変動)は、日本経済にショック(メリット・デメリット両面)を与えますが、長期的には円高が好ましくなっているのです。

輸出に影響を与えるのは、世界の市場規模

「円安になると日本だけ輸出が伸びる」という現象は、ありえません。ゼロサムゲームのように、日本の輸出が増えると、ほかの国々の輸出が減るわけではないのです。世界の輸出=世界の輸入です。日本だけが輸出を伸ばし続けるには、他方で輸入だけを伸ばし続ける国がないと成り立たず、実際には不可能です。

では、実際に為替相場が輸出額に影響を与えるのか、与えないのか、データを見てみましょう。

為替相場の代表的指針は、3つあります。

① 名目為替レート 

いわゆる、毎日報道されているような、1ドル=○○円というものです。数値が増えると円安です。

② 実効為替レート 

単に、1ドル=○○円ではなく、ほかの通貨やインフレ率なども考慮して出す数値です。数値が増えると、円高です。

③ 購買力平価PPP 

一物一価の法則です。日本で、ハンバーガー1個100円、アメリカで1ドルなら、1ドル=100円です。長期的には、為替相場は、この購買力平価に沿って、動きます。「日本は一貫して円高」ということは、日本の国力そのものの強さを示します。

①名目為替レートと③購買力平価PPPでは円高傾向なのに対し、②実効為替レートでは円安傾向です。

一方、輸出は、戦後ずっと伸びています。為替相場(上記の①・②・③)との関係など、長期的にはないことがわかります。

次ページ「貿易は犬の尻尾」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。