10の図表で読む「円高と円安、どちらが得か」

ズバリ長期的には円高が望ましい

昨年はアベノミクス効果もあって24%円安、株価は65%上昇(2012年末~2013年末の値)し、「景気がよく」なりました。

それ以前は著しい円高傾向が続きました。この円高は、リーマンショック後、アメリカがドルの量(マネタリーベース)を3.5倍に拡大したのに対し、その間、日本は1.5倍しか拡大しなかったことにも原因があります。これが、アベノミクス後に適正な水準に戻ったのです。

ところが、「円高是正が進んだ際、製造業の多くは歓迎した……しかし……110円まで円安が進行すると、受け止め方は一様ではない」(日経新聞2014年10月9日「円安の現場3 輸出が伸びない」)となります。いったい、なぜでしょうか?

長期的には円高が望ましい理由

短期的には、円高・円安は、輸出入額に変動を与えます。日本の主な輸出製品は、プラントや製品(クルマなど)です。これらの現地価格は、為替を反映してすぐに変更されるわけではありません(リーマンショック後、ユーロは2008年7月からの3年半で4割値下がりしたが、この間、BMW・ベンツ・VWは値下げせず、ベンツCクラスは、逆に値上げしました)。トヨタも2013年度、円安の押し上げもあって過去最高経常益になりました。輸出数量に変化がなくても、輸出額は円安分、見かけ上、上昇するのです。

一方、輸入額でいちばん多いのは素材産業の品目(鉄鉱石・石炭・石油など)で、これらの価格は、製品と違い毎日のように変動します(長期契約をしていてもせいぜい年単位です)。そのため、円安はすぐに輸入額に影響します。短期的な為替変動は、その期の企業の業績に大きく影響します。

結局、円安になると、輸出額も、輸入額も増えるのです。

しかし、日本は「モノづくり」の国ではありません。GDP(国内総生産)に占める製造業の割合は18%で、75%は第3次産業です。商業やサービス業はその場で生産=その場で消費ですから、一部(保険、通信、運輸、商標など)を除くと輸出産業になりえず、輸入の影響を受けることのほうが多いのです(すでに、輸出の4割が円建て決済なのに対し、輸入は2割にすぎません)。

次ページ為替相場は輸出額に影響を与えるか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。