外務省が「バラエティ番組に進出」のナゼ

“異色の"霞が関官僚が考えたらこうなった!

音楽好きが高じて、外務省に?!

――今回の広報活動では、「音楽ライブ」をメディアのひとつとして活用されていますね。

『僕らが世界にできること音楽篇』として音楽ライブを開催し、ニコ生で配信したところ、イベント当日の視聴数は10万を超えました。

外務省国際協力局企画官の荒木要氏

「音楽を媒体とすればエモーショナルに(感情的に)物事が伝わる」というのが私の持論です。実は私自身、音楽を通して知ったいろいろなことに影響を受けてきました。

中学・高校生の頃、洋楽が好きでイギリスのボーイ・ジョージやスタイル・カウンシルなどをよく聴いていました。今から30年ほど前の1980年代の話ですが、イギリスとアイルランドのアーティストが集まって結成されたチャリティプロジェクト「バンド・エイド」というものがあって、このプロジェクトは、1984年にエチオピアで起こった飢餓を受けて立ち上がったものでした。そのとき、チャリティとして発売されたレコードを買い、そこで、世界に多くの飢餓に苦しんでいる人がいるということを知ったわけです。

このバンド・エイドに触発されて、アメリカではUSA フォー・アフリカが結成され、大チャリティブームへとつながったのですが、当時、イギリス・ロンドン郊外ウェンブリー・スタジアムやアメリカ・フィラデルフィアのJFKスタジアムで開催されたチャリティライブ映像を見て、さらに世界の問題について考えるようになり、気がついたら外交官試験を受けて外務省に入省していました(笑)。

スチャダラパーなどのアーティストがライブに出演

僕の人生を変えた音楽の力の強さ、若い人に与える影響力を実体験として知っているので、外務省に入省とまではいかなくても、今の若い人にも似たような体験を提供したいなと思いました。

僕は、スティングのラシアンズという曲で東西冷戦などの問題を考え、イングリッシュ・マン・イン・ニューヨークという曲でナショナルアイデンティティ(国民としての自己認識)について考えました。シャーデーのパールズというソマリアに生きる女性の歌を聴いて、それまでまったく興味がなかったソマリアについて新聞や本で調べました。

今回の『僕らが世界にできること音楽篇』に出演しているアーティストの方々に興味がある若い人が、「中幸介」「スチャダラパー」「chay」「住岡梨奈」と検索したときに、今回の音楽ライブの動画がヒットし、好きなアーティストの音楽を聴きたくて動画を見たら、「ODA」や「国際協力」という言葉が耳に飛び込んでくる。好きなアーティストをきっかけに海外のこと、国際協力について知ってもらう、というのがこの企画の狙いです。

次ページ目立たなければ、意味がない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT