レアアース問題の急所、白熱する日中「ハイテク磁石」戦争

かつての中国政府は外貨獲得のためにレアアースの輸出を奨励していたが、2004年に国が輸出数量を管理する現在の輸出許可枠制度を導入。その後は、許可枠削減を始め、輸出税の課税(06年)と同税率引き上げ(08年、5%→最大25%)、無免許採掘業者や密輸の取り締まり強化など、一貫して国による管理と輸出規制を強めてきた。

では、一連の輸出規制強化の目的とは何なのか。中国側は「採掘による環境汚染への対応策」と説明するが、背後には中国の産業戦略も見え隠れする。

「世界の工場」となった中国は、世界のレアアース需要の5割以上を占める最大の消費国でもある。近年は自国内の経済成長も重なって消費量がさらに増えており、限りある資源を国内の産業へ優先的に回したい。また、ある業界関係者は、「レアアースを餌にして、日本の先端産業を自国内に誘い込むのが中国の作戦だ」と解説する。 

次世代車支えるハイテク磁石
トヨタなど自動車業界も強い危機感

中国が狙う日本の先端技術。その代表が「ネオジム磁石」と称される高性能の永久磁石(=写真、日立金属提供)だ。

2種類のレアアース(ネオジム、ディスプロシウム)を原料に使うネオジム磁石は、従来のフェライト磁石の10倍もの磁力を持ち、機器の小型・軽量、省エネ化を陰で支えるハイテク磁石である。

HDDのボイスコイルモーターを始め、インバーターエアコンなどの省エネ型家電やFA機器に搭載されるモーター、医療用MRI(磁気共鳴画像診断装置)、携帯電話の薄型スピーカーなどに欠かせない。しかも、自動車産業の未来を担うハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)の中核モーターにも必須のため、その重要性はさらに高まっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。