東京ディズニー、「30周年反動減」が小幅に

2015年3月期利益計画を20%強引き上げ

 10月23日、オリエンタルランドは、テーマパークの売上高が計画を上回って推移していることから、15年3月期の業績予想を大幅に上方修正した。写真は東京ディズニーランド、2011年4月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - オリエンタルランド <4661.T>は23日、テーマパークの売上高が計画を上回って推移していることから、2015年3月期の業績予想を大幅に上方修正した。また、前期と同額としていた年間配当についても、20円増配して140円とする。

通期の連結売上高は4176億円から4534億円(前期比4.3%減)、営業利益は831億円から1017億円(同11.2%減)、当期利益は555億円から673億円(同4.6%減)へとそれぞれ引き上げた。利益計画は、当初見込みよりも20%強の上方修正となっている。

東京ディズニーランドの「ワンス・アポン・ア・タイム」などの新規コンテンツが好評だったことから、上半期の入園者数は、30周年イベントを実施した昨年に次ぎ過去2番目の水準となった。また、来園者1人当たり売上高も好調に推移しているという。

テーマパーク年間入園者数の予想は、前回発表予想の2800万人を3040万人に上方修正した。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT