東京ディズニー、「30周年反動減」が小幅に

2015年3月期利益計画を20%強引き上げ

 10月23日、オリエンタルランドは、テーマパークの売上高が計画を上回って推移していることから、15年3月期の業績予想を大幅に上方修正した。写真は東京ディズニーランド、2011年4月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - オリエンタルランド <4661.T>は23日、テーマパークの売上高が計画を上回って推移していることから、2015年3月期の業績予想を大幅に上方修正した。また、前期と同額としていた年間配当についても、20円増配して140円とする。

通期の連結売上高は4176億円から4534億円(前期比4.3%減)、営業利益は831億円から1017億円(同11.2%減)、当期利益は555億円から673億円(同4.6%減)へとそれぞれ引き上げた。利益計画は、当初見込みよりも20%強の上方修正となっている。

東京ディズニーランドの「ワンス・アポン・ア・タイム」などの新規コンテンツが好評だったことから、上半期の入園者数は、30周年イベントを実施した昨年に次ぎ過去2番目の水準となった。また、来園者1人当たり売上高も好調に推移しているという。

テーマパーク年間入園者数の予想は、前回発表予想の2800万人を3040万人に上方修正した。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。