コロナ禍の花粉症対策「くしゃみは後方に注意」 花粉症とオミクロン、医師でも判断が難しい

拡大
縮小
花粉症なのか、新型コロナウイルス感染なのか、見分ける方法はあるのでしょうか(写真:GrandJete/PIXTA)
花粉症シーズンが本格的に到来する。このコロナ禍では、くしゃみや鼻水があると肩身が狭い。花粉症なのか、新型コロナウイルス感染なのか──。専門家に聞いた。AERA 2022年2月21日号から。

花粉症の人もそうでない人も実際に気になるのが、くしゃみや鼻水などの症状が、花粉症によるものか、コロナ由来なのか、ということだろう。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

新型コロナウイルスの従来株には嗅覚障害や味覚障害など特徴的な症状があったが、オミクロン株にはそれらがない。オミクロン株の症状は、英国のデータによれば、くしゃみが60%、鼻水が73%と言われており、症状からだけでは判別しづらい。オミクロン株感染者の過半数が自覚する倦怠感も、花粉症でも半数近くの人に自覚症状がある。

一方、かゆみや充血など目の症状は、花粉症にはあるがオミクロン株にはほぼない。また、オミクロン株にある発熱は花粉症にはほぼない。

オミクロンは鼻や喉に集中

だが、「目の症状があるから、花粉症で間違いない」とは言い切れない。花粉症でありコロナ陽性でもある、花粉症でコロナは感染しているが無症状、といった可能性が否定できないからだ。日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会でコロナ対策チームの責任者を務める荏原病院耳鼻咽喉科・木村百合香医長も、難しさをこう指摘する。

「発熱、せき、全身症状も見られたデルタ株と異なり、オミクロン株はより鼻や喉の症状に限局しています。花粉症を普段診る医師でも今年は一層判断がつきづらい。例年花粉症の症状がある人は、いつもの症状と違った点はないかをチェックし、疑わしい場合はPCR検査や抗原定性検査で確認すべきです」

花粉症の症状であるくしゃみや鼻水が、周囲に不安を与えることはもちろんある。だが、コロナ罹患に気づかず花粉症だと思い込んで出歩いているうちに、周囲に感染を広げてしまうことも起こりうる。木村医長が言う。

「コロナ禍の花粉症対策として重要なのは、花粉症の症状が出る前、または軽いうちに、花粉症の治療を受けることです。花粉症の症状で鼻や目を頻繁(ひんぱん)にこすると、粘膜を介してウイルスに感染しやすくなります。くしゃみは1回当たりせきの10倍以上、万単位の飛沫を拡散します。マスクを通り抜ける飛沫もあるので、花粉症がひどい時にコロナに感染すると、くしゃみでウイルスを拡散する恐れがあります」

次ページコロナ禍の花粉症対策として重要なこと
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT