中国経済の減速に潜む莫大なリスク

金融引き締め後の軟着陸は可能か

金融引き締めの強化を懸念して中国株は軟調だ(Imaginechina/アフロ)

中国政府は成長を持続可能な水準まで減速しようと努めている。内需主導でサービス業中心型の経済へ移行する過程で、より緩やかな成長へ向かうことは不可避であり、望ましい。しかしそれに伴う課題は計り知れないほど大きく、ソフトランディング(インフレを伴わない経済成長抑制)は簡単ではない。

中国では、多くの地域で大気汚染や水不足が深刻化しているのに、消費を拡大し生活の質を向上させねばならない。債務をGDPの200%を超える水準まで急増させた国が、大投資プロジェクトの破綻を広範囲に引き起こすことなく、成長を徐々に抑制していくのは容易ではない。十分な資力を持つ中国でさえ、リーマン・ブラザーズ級の倒産が1つ起こればパニックに陥る可能性は否定できない。

不景気の増幅は金融引き締めがきっかけ

過去の多くの不景気は、金融引き締めがきっかけで、増幅されてきた。1990年代にグリーンスパン元FRB(米連邦準備制度理事会)議長が「マエストロ」と呼ばれたのは、インフレの抑制と力強い成長の持続を同時に成し遂げたからだ。

公式発表の市場成長予測で判断するなら、リスクは小さいとの結論に行き着く。中国の公式な目標成長率は7.5%だ。7%を予測する人は「弱気筋」と見なされ、6.5%予測は異常とされてしまう。

では現状はどうなのか。大部分の証拠が、中国経済が大幅に減速したことを示している。電力需要の年間伸び率は、2014年の1月から8月までで4%を下回るなど、大幅に低下した。2008年の金融危機を除くと、記録したことのない低さだ。

電力需要の減少によって、国内の石炭産業が厳しい不況に陥り、多くの炭鉱が事実上破産した。住宅価格の低下も、景気の低迷を示す典型的な指標だ。ただし、主な住宅価格指標は、提示価格を評価するだけで、実際の販売価格を評価の対象としていないため、低迷の度合いを正確に評価するのは難しい。

次ページ影響はほかにも
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT