資格取得はメンタルヘルスに役立ちます--連載「社労士合格体験記」の翠洋氏インタビュー


■失業とは第2の人生のスタートです

--中高年で失業すると、精神的に落ち込んでしまうケースが多いようですね

定年まで勤めても、いずれは仕事を辞めて第2の人生を始めなくてはなりません。失業とは第2の人生をスタートする時期が早くなったにすぎないと考えるべきです。新たなチャンス到来ともいえます。

60歳で定年退職した場合は体力が落ちていますが、40代ならば気力・体力ともに十分なので、いろいろなことに挑戦できるはずです。失業保険はあるし、無料で職業訓練を受けることもできるのです。時間はたっぷりあるので、自分を見つめ直すことができます。

--失業してから資格を取るというのは精神的に厳しかったのでは?

「 社労士合格体験記」にも書いたように、私は失業するまで特に資格を持っていませんでした。

私は語学オタクですが、外国語の習得に際しては、NHKのラジオ講座を録音して1日に何回も何回も聴きます。とにかく何回も繰り返せば、だんだん話せるようになるのです。

失業してほかにやることはあまりないのですから、とにかく集中して資格勉強をすることです。たとえ試験に落ちてもあきらめずに、何回でも受験しましょう。

公認会計士、弁理士、司法書士を目指すならば、専門学校へ行くべきです。しかし、社労士、行政書士、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格はテキストで独学し、専門学校の模擬試験を受ければ合格できます。

ただ、ずっと集中して勉強し続けることは不可能です。メリハリをつけて、休む時は思い切って休んだほうがいい。勉強に集中するべきですが、自分を追い詰めすぎるのもよくありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。